Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2012年 3月

はむら花と水のまつり2012のオープニングの日

今日は午前中は立川での会合に参加し、午後からはむら花と水のまつり2012のオープニングセレモニー」が開催されましたが、あいにくのお天気で会場は地域の会館に移して開催されました。準備に当たられた皆様大変でしたね。

市民の方が作られた水車

まだまだ桜の花は今年は遅いようです。温かさが少し続くと一気に花が咲くことでしょう。

出店もすでに設置され、これからが楽しみです。4月6日からのチューリップまつりの会場では展望台や水車、模擬店が出る予定です。

羽村の祭ばやし保存連合会の方々の演奏は今日は延期となり残念でした。また、宜しくお願い致します。

夕方、少し難しい市民相談を頂きました。解決までたどり着けるか分かりませんが、全力であたらせて頂くのみです。



はやぶさに勇気をもらって

はやぶさ

今日の公明新聞に、小惑星イトカワから初めて岩石サンプルを採取し、地球に持ち帰った小惑星探査機「はやぶさ」について掲載されていました。

はやぶさの帰還がどれほど大変なことだったのかを実感しました。

ほとんどあきらめるような状況が続くなかで、多くのメンバーの「何としても地球に帰還させたい」との強い思いが、様々な技術、方法を思いつかせ、困難を克服。

日本の118の企業、団体がはやぶさの開発に参加し、中小企業の技術力の高さも素晴らしい!「はやぶさ2」のプロジェクトも計画されているとのこと。

最後まであきらめないことの大切さを学び、多くの人を勇気づけてくれました。

それにしても、今の民主党政権は消費税を上げようとしていますが、ガソリン代が上がり、電気代が上がろうとしているなかで、消費税があがったら、日本の中小企業は生き残れるのでしょうか。

公明党が与党の時に提出した「社会保障と税の一体改革」の法案は、政権交代で白紙になりましたが、消費税だけでなく、法人税、所得税、年金の財源(国の負担分の恒久財源)なども含めたものでした。

消費税を上げるだけでなく、日本の企業が元気になる国の対策も望みます。

今日は市民相談で動いた1日でした。寒くないことは有り難いことです。

生きる力をどう育むのか

今日は、小作駅での駅頭から始まり、とても春らしい穏やかなお天気でした。夜は勉強会に参加し、研鑽させて頂きました。さて、本日ある本で最近のことかどうか分かりませんが、載っていた記事に目が止まりました。

高校生のK君は、成績優秀でスポーツ万能、生徒会長までやっていて女の子にも人気があった。そのK君が突然自殺をしたのだという。

警察がその原因を調べていったら、3人位からいじめがあったということが分かり、そのいじめの理由を聞いて驚き。「非の打ち所がないから」その子に勝つために勉強も力もいらない「シカとする」ことだと。

この事件を知り、親御さんの嘆きはいかばかりだったか、なぜK君は回りの人に声をあげなかったのだろうか?ととても残念に感じました。

いじめはいじめる側が100%悪いと思います。

伐採された木の通り

その事件を通して感じることは、失敗を経験しないで大きくなる子もいるのではないかということです。

以前もここで投稿しましたが、親御さんが先回りし過ぎて、子どもが苦労しないよう環境を整えすぎると、子どもは挫折や失敗を知らないまま大きくなり、いざという時耐えられないのでは。

失敗することを恐れている方が多いと思いますが、失敗から学ぶことは非常に沢山あります。

失敗を恐れなくなると人間は本当に強くなります。大事なことは小さい時から子どもが沢山失敗をしても、見守り、自分の力で起き上がれる力をつけてあげることが、大切な親の役割りだと感じます。

悩んでいる子どもを見守ることは親にとって辛いことです。私も共に悩みながら「子どもに苦労させることは悪いことではない」と自分に言い聞かせて4人を育ててきました。

かわいい子には旅させよ」という先人の言葉には深い意味を感じます。

はむら花と水のまつり2012の新聞報道

今日は羽村中央支部会が開催され、年金についてや防災対策について皆さんと共に学ばせて頂きました。

昨日まで議会だったので、準備の時間がなかなかとれず反省ばかりですが、本当に参加された皆様に応援して頂き、お陰で無事に終えて感謝致します。

公明新聞有権者比1%達成も地域の皆様が公明新聞をとって下さったお陰です。今後、せっかく購読して頂いている方には、是非お読み頂きたいと思います。

昨日の公明新聞の最後のページのターミナルに27日から始まった「はむら花と水のまつり2012」や4月6日からの「チューリップまつり」についての記事が掲載されました。

まだまだ、公明新聞に羽村市の話題が掲載される予定です。今後公明新聞から目が離せません。

また3月29日から、八王子の富士美術館で北京.故宮博物院展が開催されます。海外初公開で他では見られない24人の皇帝が居住していた故宮に所蔵されている絵画、工芸、服飾、宝飾など約200点が展示されています。(日中国交正常化40周年記念をして行われるものです)

1200円で、5月8日まで開催されます。是非、御立ち寄り下さい。




最終議会の日に

今日は早朝の駅頭での遊説からスタートし、その後1日議会で、終了後夜は懇親会と、本当に長い1日でした。

最近、ずっと寝不足と食べ過ぎが続き、体がバテ気味です。体調を整えてがんばろうと思います。

この4月から例年のように職員の方の移動があり、動かれる方も多いのでは。

それぞれの得意分野が活かされることも大事なことだと思いますし、一方で市役所のこと、多くの部署を知ることで効率を図れたり、得られることも多いのではないでしょうか。

副市長のお話では「年々議会が厳しくなってきている」とのこと。今回の議会でも、議案の取り下げなど色々ありました。

他にも、今日の最終議会で、昨年9月に議員全員一致で反対を議決した突然の緑ヶ丘3丁目のお墓の問題で、どんどん工事が進められ、許可をする東京都知事、東京都議会議長あてに意見書を提出をすることに決定しましたが、今後の行方が気になるところです。

羽村市ではすでに、富士見霊園があり、更に増設の準備がされています。



お見合いの日

午前中は2カ所で打ち合わせがあり、久し振りに自転車で颯爽と(?)風を切って走りました。行きはよいよい帰りは恐いで、坂道の登りはぜいぜいと息を切らせて。でも車とは全く違う刺激があります。

五感に心地よさが伝わってきました。いつも、自転車にしたいのですが、気持ちに余裕がないとついつい車に頼ってしまいます。もうすぐ桜?と思っていましたが、今日の風は冷たいです。

三寒四温を繰り返しながら、花たちも春の温かさを待っています。

お見合いの場所に

春といえば、お見合いについて。私はこれまで、20代の頃からお見合いを十組以上お世話をさせて頂いておりますが、これがなかなか決まらないのです。結婚に結びついた方は2組のみ。

成功率はなかなか厳しいです。ここ最近も2組のお見合いを。お互いに合わないケースや、双方が気に入られても条件が合わないなど。昨日も都内にいながら、電話でご両家とのご連絡のやりとり。

難しいですが、それでもめげずにおせっかいおばさんで頑張ります!

羽村市交通安全推進委員任命. 退任式にて

今日の午前中は、羽村市交通安全推進委員任命. 退任式がコミセンで開催されました。長年羽村市の交通安全の為にご尽力頂き退任される方々、新しく任命される方を含め安協の方々の新たなスタートとなる式典です。

多くの知り合いの方が推進委員に関わられておられることを改めて認識。友人も新たに任命され驚きました。ご挨拶ができて良かったです。

長い方は20年間以上という気の遠くなるような時間を、地域のためにご尽力頂き、心から感謝申し上げます。引き続き担って下さる方、新たに受けて下さる皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

都内で見つけた美しいオブジェ

午後から都内に用事があり出掛けていき、大分歩き疲れて足が痛くなり、途中お店でコーヒーを飲みながら一休み。目の前に新しい幼稚園が出来ていてその園庭を見て、その広さに驚きました。

都内なのに多摩地域の幼稚園でもこんなに広い園庭は見たことがありません。以前、我が家の長男の幼稚園を近所のお子さんが行っている所に行かせようと決めてあり、申し込みの日初めてその幼稚園を訪れ、園庭があまりに狭いのにショックを受けたことがあります。

最近頂いた市民相談の方も、私と同じことを云われていました。

幼稚園や保育園でこんなに広い園庭はあこがれです。夜は都内の会合に参加、夜遅くの帰宅となりました。


福生市で「街コン合コン」が開催されます!

<福生市で街コン合コン開催>

福生市で「福生コン」が開催されます。

日時….  H24年4月21日

場所….  福生駅周辺の飲食店など30店舗など

募集人数… 600人(男性300人、女性300人)

会費….男性、前売り6500円、当日7000円

女性、前売り3500円、当日4000円

問い合わせ…03ー4330ー9320 カホン(岡村氏)

商店街のオーナーなどが実行委員会を立ち上げています。

興味のある方、申し込みをされて見てはいかがでしょうか?

詳しい情報 http://machicon.jp/福生コン

24年度から介護保険料が3割上がるの?

今日は久し振りの友人とお会いし、美味しいコーヒーを頂きながら意見交換。

さて、24年度から介護保険料が3割上がるの?

という質問を頂きました。他の自治体ではほとんどが上がる予定のなか羽村市では、24年度から3年間の保険料は現状維持となる予定です。

介護保険料の平成21年〜平成23年度までの第4期の介護保険料基準額の全国平均は、月額4160円となっています。3年おきに見直され、

第5期介護保険事業計画となる平成24年度〜の保険料が、全国平均が月額5000円を超えると予想されています。(これは2割以上の値上げになります)

そのなかで羽村市の保険料は基準額の月額4000円から上がらない理由は、

各市町村からお金を出している財政安定化基金や市でも積んで来た介護給付費準備金から(2000万円を残し)1億800万円を、上がる保険料に充てる予定だからです。

この基金が無い市町村では、基金から借り入れ、利用者の負担増にならざるを得ないという状況です。

そもそも介護保険は国、都、市町村の税金で50%を負担。

40〜64歳の現役世代で29の保険料を負担。

残りの21%を65歳以上の方の保険料で負担し支えています。

平成21年度の改正の時も、介護従事者の処遇を改善するため、介護サービス費用が改正され、その分の急激な保険料の値上げを抑えるために、国が一部を段階的に負担しています。

今回の改正で、羽村市への介護保険の国の負担は4億4300万円、都の負担は3億7800万円、市の一般会計から(負担割合分ですが)4億1800万円以上を繰り入れています。

このように、上がっていく介護保険料をそれぞれの支え合いで負担をするようになっています。

また、羽村市の3月議会で議決された「羽村市介護保険条例の一部を改正する条例」では、これまで12段階に分けられていた保険料を更に13段階(国の基準は6段階)の所得に応じてきめ細かく、支払う側の負担の軽減を図られています。

今後、羽村市でも益々高齢化が進み利用者が増え、介護保険に関わる経費が上がっていくなかで、3年後以降も現状維持とするためには、元気高齢者の方が増えるあらゆる予防対策が急務であると思います。

旅立ちの日に

今日は羽村市小学校の卒業式が開催され、私は栄小学校の卒業式に出席させて頂きました。

今日は何とか涙を出さないで終わるかなと思っていた式典の最後の頃、81名の卒業生による門出の言葉で、家族など回りの方への感謝の言葉に涙が…..。

中学校でも歌われた「旅立ちの日に」という歌が栄小学校でも歌われていて、歌の力はすごいなと感じました。この歌は全国で最も広く歌われている小中高の卒業式のとなっているそうです。

作詞は埼玉県の中学校の校長先生で、荒れていた学校を矯正するために「歌声の響く学校」にすることを目指し、音楽科教諭と共に努力を続けた結果、学校は明るくなった。

そこで音楽科の先生は「卒業する生徒たちのために、何か記念になる、世界にひとつしかないものを残したい」との思いから、作詞を校長先生に依頼。

作詞は依頼後翌日完成し、作曲は音楽科の先生が、その歌詞になんて素敵な言葉がちりばめられているんだろうと感激し15分程度で出来上がったとのこと(ラジオ番組での投稿による)。

その後しばらくはそこの中学校だけの合唱曲でしたが、まわりの小中学校でも使われだし、1998年頃までに全国の学校で歌われるようになったそうです。

今日卒業生の歌を聴いていて、栄小学校の先生方の想いと共に、卒業生への強い想いが感じられ改めてステキな歌だなと感じました。整然と立派な卒業式でした。ご卒業おめでとうございます!