Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

年金制度への誤解!

今日は午前中も午後も会派の勉強会や打ち合わせ、夕方から会派女性議員との打ち合わせなど1日があっという間に終わってしまいました。

さて、今日は年金について誤解されておられる方が多いようですので、ここで少し触れたいと思います。

保険料の未納が増え、年金制度は破綻するの? いいえ、破綻しません、それは…

保険料を2年以上未納の人….320万人

自営業.フリーター….1900万人、サラリーマン.公務員….3900万人、専業主婦….1000万人

公的年金加入者 全体で6800万人の中、納付している人=95%(強制的に引き落とされている人が一番多い)、

未納の人=5%、財政的にも影響はほとんどない!(未納者には年金は支払われません)

しかも公的負担を50%する保険なんて、他にどこにもありません。困るのは年金未納者、未加入者自身です。(年金が払えなくなる時は、国が破綻する時以外無いと考えます)

民主党が言っているような、厚生年金と国民年金の一元化をすると、自営業者は(年収500万円、保険料率15%の場合)現在の保険料約1万5000円から6万2500円と4倍以上、上がります。しかも全額自己負担。実現不可能です。

また、民主党の最低保証年金7万円も、橋本氏の船中八策も、年金制度そのものを変えるとしたら実行は40年後。今ある年金制度を今の課題に併せて拡充するほうが、よほど現実的で効果的。

市内、内山邸のお庭に

現在の年金の算定基準となっている合計特殊出生率は、基準よりも高い水準で移行しています。経済の見通しでは、現行の年金制度は、年平均0.8%の経済成長を続ける(マイナス成長する)厳しい前提で試算されています。

公明党が目指す年金とは? (公明新聞より)

低所得者を支援します…基礎年金を25%上乗せする「年金加算制度」を創設します。

無年金者を少なく…受給資格が得られる納付期間を「25年から10年」に短縮します。

より公平な制度にします...官民格差.働き方格差の是正へ「厚生.共済」年金の一元化、パートへの厚生年金適用拡大を。



コメントは受付けていません。