Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2012年 1月

羽村市立富士見小学校の作品展と地域教育シンポジュ−ム

今日は1日のスケジュールがたて込んでおり、各小学校の書写展、学校公開、作品展が開催されていました。そのなか早朝より市民相談でスタート。お二人の方から頂きました。

その後、私は富士見小学校の作品展に足を運び、鑑賞させて頂きました。体育館を大胆にレイアウトされているのに驚きました。中にテントを作り暗い場所を作り、光るライトの作品を展示してあったり、動物の作品が作られていたり。

油絵の作品があったり、設計図の隣に、実際に作った作品を展示したりなかなか工夫されていました。このレイアウトの完成まで1週間かけて作られました。素晴らしい発想と見応えのある作品展となりました。

武蔵野小学校では、書写展が開催されていました。武蔵野学級の子ども達の作品は、すごく上手。ここまで仕上げるまでに指導された先生のご苦労を思いました。2ヶ月間の特訓の成果です。

午後は、会合に参加後、2時過ぎから4時30分までは第14回 羽村市地域教育シンポジューム「人とのつながり〜つながろう友だち. つなげよう笑顔〜」が開催されました。小中学生と大人が混じって、課題に沿ってグループ討議や代表者による発表が行われました。

特に話題となった男女間で友情は成り立つのか父とのつながりが薄いという問題。なかなか聞いていておもしろい課題で、まとめることの大変さや、中学生のずば抜けてうまいまとめ方など大変勉強になりました。

夜は2つの会合に参加させて頂きました。



フランスの旅行記に触れて

今日は朝から雪景色でした。午前中は歯科医院の帰りに、ある事業所にお寄りして、その場で市民相談を頂きました。そのまま調査させて頂き、ご返事を返させて頂きました。

その後、知り合いのお店を訪ね、街やお店の活性化などについて意見交換や、つい最近までフランスを訪ねられていたお話を伺いました。

フランスで有名なモンブランのケーキ屋さんでモンブランを頂いたら、日本のモンブランの方が美味しかったとのこと。外国でどこに行っても、食事はやっぱり日本が一番おいしいと感じるとのこと。

春を演出する田村邸の生け花に惹かれて


特に印象に残った話しは、フランスの美術館では、無料の日があり、基本的に国の財産は全ての方が平等に鑑賞する権利があるとの考え方で、学生が授業で、美術館の絵画の鑑賞をしたり、その場でキャンパスに絵を書いて模写されたりと日本では見られない光景が。

シフォンケーキと紅茶(ポットとカップが一体に)

他にも、ルーブル美術館は、日本の美術館とは規模が違い1日で回りきれないほどで、5日間有効で、どの美術館でも使用可能なパスポート?を発行されており、それを利用されたそうです。

お話を伺うとフランスの、芸術に力を入れ、子ども達や国民の本物を見る目を養う教育力の高さを感じました。

エコキャップの取り組みについて

縦横無尽に走る飛行機雲

今日は、寒い1日。午前中は頼まれて、2人の子ども連れのお母さんに付き添い、ある施設を見学。

午後はエコキャップのことで、関係者が集い、今後の運営についての話し合いを持ちました。

これまで、ごく限られたメンバーでの作業でしたが、新たにメンバーが4名増えて、回収場所を増やし、見える化をして、皆さんがキャップを集めがいのある取り組みをしようとの意見がまとまりました。

多くの方が作業に関わって下さるなかで、関心も広がっていくことと思います。

セブンイレブン栄町店のキャップの回収場所

また、人と接するなかで感じることは、多くの方が何か世の中のお役に立ちたいと考えておられるということです。

でも、何をしたらいいのか分からないいう方も多いのではないでしょうか。

何でもいい、目の前にあることに一生懸命取り組むことで、きっと本来やりたかったことに出会えるのではないかと思います。

エコキャップは発展途上国の子ども達のワクチン代となっています。

市内団体でエコキャップを回収されておられる方へ…市の中間拠点として回収場所を提供して下さっている事業所があります。ご興味のある方はご連絡を。

献血と、もしドラの講演会

今日は忙しい1日でした。午前中は、母と共に印刷に。その後数軒のお宅を訪問。午後3時過ぎ、羽村駅西口近くの友人のK床屋さんの所で、献血帰りの方にばったり。

午前中たまたま通りかかった羽村の堰

そう、今日は五ノ神会館で献血の日でした。私もそのまま、会場へ。その入り口で、たまたま友人のYさんにばったり。Yさんは私の献血が終わるのを待ってくれて、その方と5年ぶりにお茶しましたが、隣の市に引っ越されていたことに驚きました。

100年程前に掘られた地下5m位の井戸は年1回の検査を受けて緊急時の市指定の井戸水となっているS邸の井戸

その後、青梅線沿線クラスター協議会の主催の新春講演として、「なぜ今、ドラッカーが求められるか」と題して、著者の岩崎夏海氏の講演を伺いました。

会場も駐車場も一杯で、関心の高さを感じました。私も参考になりました。市民相談も3件頂きました。

すぐに対応して頂きました

車の当て逃げで、市内線路際の柵が

壊れて、幼児などが線路に入り

そうで恐いとのご相談を → →

懇談の1日と保育園について

今日は午前中はある施設の関係者の方で集り、懇談会を持って頂きました。市民側の意見と施設側の立場、話し合うことで、様々な問題点も明確になり、改善の方向性や認識を新たにしたこともあり、有意義な懇談会となりました。

何にでも通じることだと思いますが、やはり話し合いによってお互いの状況を知るところから、解決への1歩前進が図れるものだと思います。

市内、中野邸の竹の手作り花器

午後から、訪ねる所、訪ねる所、有り難いことに「上がって上がって」と勧めて頂き、ゆっくりと懇談をさせて頂き、皆さんと夢を語れる幸せを感じました。

どなたにもその方の生きて来られた歴史があり、行動を起こすことの大切さなどを実感する1日となりました。

人との会話のなかに未来へのヒントが沢山あります。今日はそれを沢山感じられました。

外に出ると真っ暗に。本日お邪魔しました皆様、大変お世話になりありがとうございました。

昔ながらの南部鉄の急須

今日は頼まれて保育園に2歳の子の迎えに。年齢の違うお姉ちゃん達から可愛がってもらっている様子。

普段と違う表情を見せ、いつも聞こえないような小さな声なのに、保育園の帰りには大きな声に。

きっと大きな声を上げなければ、誰にも気づいてもらえないし、保育園で年齢がまちまちの中で生きて行くすべを学んでいるのでしょう。少子化のなかで保育園の役割りは大きいと感じます。

新たにエコキャップの回収場所が

フラワーショップ はまゆうさんのお花です

今朝は、会派で集りました。その後、今日1日のやるべき仕事を確認し、まず文具の買い物からとお店に立寄ました。

そこで、ばったり先日初めてお会いしたヤングママさんに再びお会いしました。

その場で市民相談となりました。同じ町内でそんなことが…と驚くようなことが起こっていました。

特に小さい子どもさんを抱えていると心配で、そのことをどこに云えばいいのかと不安になっておられました。安心安全の問題です。

市役所にそのまま行って担当の部署に確認に伺いました。

また、今日はエコキャップが一杯になり、67kgを中間業者に届けました。

新たに栄町のセブンイレブン五ノ神4丁目のお宅でエコキャップの回収に場所を提供してくれることになりました。

そのことで、今日は準備に奔走しました。キャップの回収のご協力を宜しくお願いします。

交通安全推進委員会の出動式と春雨のライブ

<羽村市交通安全推進委員会の出動式>

今日午前中は、羽村市交通安全推進委員会の出動式がスポーツセンターで行われました。式典には全部で169名の委員のうち、114名の方が参加され、小作台小学校ジュニアバンドの演奏のもと厳粛な出動式が挙行されました。

1年間の活動は毎月行事があり、市民の交通安全を支えて頂いていることに感謝致します。体育館での式典は大変冷えて寒く、推進委員の方は式典の約1時間半をずっと立ったままで、大変お疲れ様でした。今年もお世話になりますが宜しくお願いします。

<春雨のライブ>

午後からマミーショッピングセンタ—で、羽村出身のアコースティックディオの「春雨」のライブが行われました。胸にジィーンとしみる歌声。聞かせてくれます!!

東小学校という2人が作られた出身校の歌を聞いていて、涙が出ました。確か3年程前に初めてこの曲を聞いた時も涙が出ました。懐かしさ、切なさを感じます。声に魅力があります。

二人で作った新曲もとてもいい曲です。また、マミーショッピングの歌も作って、明るくリズミカルな曲で、マミーさんでお買い物する際、いつもこの曲がかかっているといいなと思いました。

1月29日 18:00 「羽村DIVADE」春雨のCD発売記念ライブが1人1000円(飲み物付き)で行われます。皆さん、足を運ばれてはいかがでしょうか?


<栄町の新年会>

その後2時過ぎから、栄町第一町内会の新年会に参加させて頂きました。二日間かけて煮込まれたおでんの味が忘れられません。とても味がよくしみ込んでいて、余裕のない私には真似ができません。

男性の料理はプロの味がします。集われた皆さんお一人お一人の個性が1つになって、団結のある町内会に心から尊敬と感謝の思いで懇談に加わらせて頂きました。お世話になりありがとうございました。



栄小学校の収穫祭と健康フォーラム

本日午前中は、栄小学校保護者会主催の収穫祭に参加させて頂きました。

栄小学校では今日の収穫祭は全学年で開催されています。

「こもつくり」作成中

今日は稲わらを使ったこもつくり、荒縄、また米粉団子、お米炊きなどを作り、その後作った荒縄で皆で縄跳びをして子ども達は楽しく遊んでいました。

お孫さんが栄小という農家の方の指導のもと、伝統の技術を学ぶことができます。最後は、保護者の方の作られた豚汁を頂きました。ごちそうさまでした。

荒縄で縄跳びを

保護者の役員の皆様、地区委員会の方、学校の先生方、昨日からの準備、後片付け本当にお疲れさまでした。

午後から、羽村市「健康フォーラム〜保健と運動で手に入れるヘルシーライフ〜」に参加させて頂きました。今回の試みは、福祉健康部、スポーツセンター、スイミングセンタ—、保健センタ—、大学、糖尿病専門医の方など連携した初めての取り組みでした。羽村市健康づくり推進員の皆様も揃って参加されていました。

総合内科専門医は全内科学会員の15%、全医師の4%、糖尿病専門医は全国で4,144名しかいないこと。そのなかで、この羽村市に総合内科専門医、糖尿病専門医がおられたことは、発見でした。

また、糖尿病「友の会」を作られ、その先生が地域と共に、健康づくりの取り組みをされていることを知り、心強い思いがしました。(柳田医院)

また、イスに座ったまま行う簡単体操は、日頃肩こりに悩む私にはぴったりの体操。

栄町の石田邸の可憐な花です

健康診断も市で行えば無料ですが、個人で医者で受けた場合、胃がん、肺がんは7,500円特定健診は11,000円程かかるとのこと。帰りは多くの方が、胃がん肺がんの検診の申し込みをされて、帰られました。


羽村市老人クラブ連合会の新年懇親会

市内、栄町のN邸のお庭から

今日は朝9時30分から市役所での会派の打ち合わせ。その後12:20から羽村市老人クラブ連合会の新年懇親会に厚生委員長として出席させて頂きました。

本当に多くの皆様がお元気で集っておられ、お顔を拝見いたしますと、様々な所でご活躍されておられる方々ばかり。

市を支えて下さっていることに改めて感謝です。

その後、市民の方からのご要望等で市に相談など数カ所訪問。

その時に、以前市民の方から、「市役所に行った時、杖を置く所が無い。一度杖を倒すと、拾うのが大変なので、杖置きを置いて欲しい」とご要望を頂いており、市へ伝えさせて頂いていました。

杖立てですが、傘立てにも

今日1階の福祉健康部でそれが設置されていることが分かりました。

些細なことかもしれませんが、体が不自由だとちょっとしたことが負担になります。他の部署でも設置して頂けるよう伝えさせて頂きました。

また、もう1つ大変な市民相談の方、大きく前進。それぞれ関係者の方に感謝です。

杖立てをご利用下さい。





津波から多くの命を救った教訓

本日の寒さは半端ではありません。暖房の効いている部屋でも、消えているかと思うほど寒く感じます。

今日は約束していた友人と食事を共にしました。結婚された娘さんの写真を見せて頂きました。スナップ写真でもやはりプロの撮った写真と素人では写し方が違うと感じました。

さりげない動作が絵になり、その写真からその娘さんがどれほど大事に育てられたのかが感じられました。

色鮮やかにに咲いている市内のお宅のお庭から

さて、今日のニュースで、東海、東南海、南海地震が30年以内におこる確立が、高まったとの報道。

安政の大地震津波時、「稲むらの火」で知られる濱ロ梧陵氏は、その命の火で多くの村人を救った彼の功績は、現代に通じる津波防災の象徴として広く語り継がれています。

津波が来る事が分かった山の上に住んでいた濱口氏が皆を救うためにとった行動。

それは、まだ収穫したばかりの稲に火をつけて犠牲となり、皆が山に登って来るように誘導し、多くの人を助けたとの実際にあった話です。

どんなに時代が変わっても語り継がれていく教訓であり、感動でもあります。