Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

高齢者の方へ「笑顔」「ありがとう」は意識を変える

本日朝9時30分より「羽村市社協福祉大会」開催され、高額寄付者社協役員永年勤続役員福祉奉仕活動者等に対し、表彰状.感謝状が贈呈されました。

その後第二部で「東日本対震災被災地における 人のつながり、地域のつながり」と題し、長谷川 孝幸氏による講演がありました。

大震災では、5つの喪失がある(1.家人.友人を失う 2.仲間を失う 3.家と故郷を失う 4.職場.学校を失う 5.過去を失う)

この5つを失っても人とのつながりがあれば、人は頑張れる。遠くの親戚より近くの他人。普段から良く話しているというつながりがあれば、災害時ものごい効力を発揮すること。助け合えること。

災害後は回りの高齢者の方に「ありがとう」を沢山言ってあげることもボランティア。和顔施と言って財産が無くても7つの貢献ができる。それが、「笑うこと」「ありがとう」を云う事など。そうすれば、人々の意識が変わることなど、大切な話しを伺いました。

夜の暗闇で別世界を演出し、人々を魅了する栄町2丁目のM邸...LED電球使用で節電をされています

午後はゆとろぎで開催中の小学生の絵画展鑑賞しました。

その後、先輩の方と懇談の機会を持たせて頂き、貴重なご意見を頂きました。

コメントは受付けていません。