Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

中学校の公開授業はおもしろい!

未来の宇宙飛行士の卵になって

今日は午前中は、羽村第三中学校と第二中学校の公開授業に参加させて頂きました。三中では、2年生の「Welcome to NASA」の道徳の授業を拝見させて頂きました。

もし、あなたが3次試験まで合格した宇宙飛行士の卵で、最後の実施試験に臨むという設定で、試験の内容が「基地から離れた所で宇宙船が壊れてしまい、基地に戻るのに何が必要か、必要なものを順番にグループごとに話し合い書く」という試験。

なかなかおもしろい授業でした。

ひときわ目立つ生徒のポスター

また二中では、「江戸しぐさ」についてこれも道徳の授業で行っていました。江戸時代は究極のエコの町だったという認識はありましたが….。

江戸の時代は世界最大の人口、推定100万人で、警察(同心)はたったの24名。

それほど、事件が少なかった要因は、大人が子どもに完璧に教え込んだ「江戸しぐさ」にあったことをこの授業で初めて知りました。江戸時代は道が狭くて普通に歩くと人とぶつかるほど。

そこで、すれ違う瞬間にお互いに肩と腕を後ろに引いて、上半身をすっとひねるようにすること。

間違えて人に足を踏まれたら、踏まれるように足を出した私も悪かったとお互いにあやまることなど。なるほど、喧嘩にならない知恵が詰まっています。とっても勉強になりました。江戸時代に学ぶことが沢山あるようですね。

午後2時からは、「羽村康次郎氏の講演」、3時からは「市民パトロールセンタ—はむら発足式」4時30分から「懇親会」にも参加させて頂きました。

緑が丘5丁目のM邸の冬バージョンが完成して

さて、本日ご紹介のお庭は、以前もゴーヤなどご紹介させて頂きました緑が丘5丁目のM邸のお庭です。

冬支度とおっしゃるM邸では、冬でもお花が咲くように、お花の種類を選ばれ、お庭を作られているのです。お見事ですね。

いつも、どの花をいつどこにどう植えようかとご主人の頭の中に、沢山構想があるようです。これからも楽しみですね。

コメントは受付けていません。