Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2011年 8月

先輩議員に学ぶ

今日は午前中は会派の打ち合わせ、午後は議会に向けての調査活動、夕方6時30分から「青葉会」という先輩議員の方々等との懇親会が「ゆとろぎ」で開催されました。

約40名弱の議員や元議員、理事者、元理事者の方の集りでした。青葉会が出来て今年40年とのこと。私と同じテーブルには、94歳と84歳の元議員の方とご一緒で、様々なお話を伺いました。

84歳の方は28歳の独身の時に議員になられ、28年間議員をされたとのこと。

このお二人の共通していることはとてもお元気で、人にとても気遣い感謝されて生きて来られたこと。毎日日記をつけておられること。そして、とてもお幸せなことです。

94歳の方は、様々な職業の中の1つの職業が議員であり、他にもものすごく沢山の職業や地域の役職など歴任され、地域にも大きく貢献されて来られた方でした。

そして、ご家族にも、誰にでもできることではない、いろいろな形で貢献されて来られたことです。

「私は本当に幸せだ。感謝している」と語られるお姿に、お幸せな理由は、「人に貢献されて来られたその生き方そのもの」だと実感しました。

自分を幸せにするのは自分であり、生き方にありと改めて教えて頂いた思いでした。懐かしい方々にもお会いでき、とても楽しいひとときでした。

放射線のひみつ

今日は、公明党の「2011夏季議員研修会」が新宿で開催されました。

内容は盛り沢山で、講師を東京大学医学部付属病院 放射線科.准教授 中川恵一氏による「放射線のひみつ」の講演がそのひとつでした。

今回の福島原発事故を通して放射線被ばくについて、何を恐れるべきなのか知ることが大事。被ばくすると、一般の市民は「がんが増えるかもしれない」ということのみ。

放射線物質…ヨウ素(8日間影響)、セシウム 134(2年間影響)、セシウム 137(30年間影響)風の向きによる一定の地域に影響

山口代表

今はヨウ素はほとんど無いし、セシウムは5ヶ月前に放出された量のみ。

がん大国日本では、日本人の二人に1人が「がん」になる。3人に1人ががんで亡くなっている。(放射能と生活習慣によりがんになる)。

がんの原因….3分の1がタバコ3分の1がそれ以外(過度の飲酒、野菜不足、肉の取り過ぎ、運動不足など)、3分の1は運とのこと。

一般の人は、

自然被ばく…年1.5ミリシーベルト

医療被ばく…4ミリシーベルト 計 年5.5ミリシーベルト

タバコの葉には放射能を持っていて、放射能発生地域以外のところでは、自然被ばくより、医療被ばくの方が高く、医療被ばくより、タバコを1日一箱以上1年間吸い続けるほうが被ばく量ははるかに高く、がんへのリスクも高いとのこと。

だから、放射能被害にあまり神経質になり過ぎても、ならなさ過ぎてもいけないとのことでした。

約70歳で100ミリシーベルトの放射線を受けていく。

累積で100ミリシーベルトになるとがんの死亡率が0.5%増える。早期発見(がん検診)が大事という講演でした。

民主党代表の決定

民主党の新代表が野田氏に決まりました。予想外でしたが、最初に代表に手を挙げたのは野田氏だったことや、海江田氏は三党合意に対して、見直しもあり得るとの意見は聞き捨てならないと思っていましたので、落ち着くところに落ち着いたような結果でしょうか。

全ての決定が小沢氏に影響されることに危機感を感じての結果だったのしょう。課題山積しているなか、今後の国会運営が、スムーズに前進していくことを望みます。

今日は10時から議会運営委員会が開催されました。本日の議運で市民の方から寄せされた陳情を委員会に付託するのか、しないのかが検討され私も発言させて頂きました。何のための陳情なのか?と基本に返り、市民の方にどういうメリットがあるのかなどしっかりと勉強していきたいと思います。

台北市ホームページより(快速道路)

午後は会派の打ち合わせ。

今日はある方から東日本大震災で多大な支援を頂いた台湾への御礼のスピーチされた原稿を拝見させて頂きました。

日本の被害状況や現在の復興状況など克明にお話され、海外の皆様への不安を与えていることに対するお詫びとともに、多大な援助に対する心からの感謝と御礼、そして復興への誓いで閉められていました。

台北市議との交流会も行われたとのこと。

市議同士の交流会の機会があれば、私も参加してお礼を云いたい思いです。

市民相談から

議会前だというのに、議会に直接関係ない様々なことに時間を使っていることに少しあせりを感じながらも、時間はどんどん進んでいる感じです。

今日はここでドラマが展開しました

今日は、以前から頂いていた市民相談を実現させて頂くために、ある企画を実行させて頂きました。とても悩んだ問題ですが、うまくいったかどうかは、時間が少し経たなければ分かりません。今後を見守って行きたいと思います。

最近若い人と話をしていて、本当に生き方が多様化していていることを感じます。こうでなければならないなどという制約がなく、その分本人がしっかりしていないと安易な方に流されやすいことも感じます。

昔は厳しいことを言ってくれる人がいて、反発を感じながらも、それをバネに努力をして成長していけるということもあったかと思いますが、最近は厳しいことを言ってくれる人も少なくなっているのではないでしょうか。

私は、おせっかいおばさんで、云わずにいられない時があります。若い人が夢も持っていないことが残念で…この続きはまた。

環境が変わり

我が家に朝1歳9ヶ月の女の子が来て、8時ごろ保育園に送るようになって10日ほどでしょうか。突然わけあって朝だけ預かることに。その預かる時間が今日は特別早く、ごきげんが悪いのでだっこしてお散歩に。途中でご近所の方と井戸端会議になりました。

羽村動物園のひよこです

話題の中で、特に印象に残ったことは、最近(ここ3、4年位特に)交通ルールを守らない人が増えていること。信号を守らない、左側通行する人、車が来ても堂々と道の真ん中を歩く人。

なぜだろうと考えてみると、ここ(羽村?)は道路に歩道があって安全で守られているので、人は考えなくなるのでは?とのご意見でした。

さて、昨日夜も多くの方にお会いし、お久しぶりにお元気な様子に私も嬉しく思いました。

昨日も「美男(イケメン)ですね」を見ましたが、前回に比べて今回は「ゆとろぎ」があまり出ていなくて残念でした。

以前、ロケを青梅市で行われた時、青梅市の私の友人のお店にもロケ弁の注文がまとまって来たと伺いました。ロケを誘致できると、他の経済効果もあるのですよね。

更なるテレビ効果を期待します。

6月議会の「市職員給与の見直し」についてのその後

改選後初めての6月議会で「職員給与の見直し」と「業務改革について」取り上げさせて頂きました。その時に感じた課題は沢山ありますが、市でも感じておられる課題にも議会後取り組ませて頂きました。なぜ、羽村市の職員給与の地域手当の国基準が6%と低いのか、(福生市は15%、青梅市は10%)という問題です。

もしかして、国の機関が羽村市に無いことも影響しているのではないかという疑問、もしそうであれば、国から2000万円の特別交付税が減額されるのは納得いかないという私の疑問など、参議院議員の竹谷とし子さんと連携を図らせて頂きました。

7月12日に竹谷さんから頂いた回答の一部をご紹介します。

.

総務省より、地域手当について….この支給基準は、厚生労働省が毎年、全国の約7万事業所、140万人のサンプルを抽出してとりまとめた「賃金構造基本統計調査」(いわゆる「賃金センサス」)の結果について、急激な変化.ばらつきを是正する意味から10カ年を平均にして算出されています。現在は、平成6年〜15年の結果をもとに平均賃金指数を算出しています。

現状では10年に一度、地域手当の支給割合を見直すことになっており、次回は平成28年度から見直される予定になっています。

国が定める地域手当支給割合が、近隣の福生市や青梅市に比べて羽村市が低くなっていますが、厚労省の賃金構造基本統計調査に基づいて算出されています。

市職員の給与については市が条例で定めるもので、国の基準より高く支給されても、それが市民の皆様に説明がつくものであればいいのではないか。

という総務省からの見解を竹谷とし子議員を通して回答を頂きました。

.

市長の答弁にもありましたが、「賃金基本統計に基づき算出された」ということは、必ずしも羽村市が不当に低いとは云えないと思いました。

更に統計に基づいて決められた地域手当の支給割合を市独自で割り増しして市職員の給与を支給し、また、そのために国からの特別交付金が減額されていること。

しかし、東京都の職員給与の地域手当(18%)に準じて段階的に上げるはずだった地域手当を現実は下げている(13.5%)ので、減額された以上の職員給与の削減をしていることを市民の方に説明し、理解を得る必要があると思います。

東京都や国とのこれまでの関係、また他市との違いなど問題が複雑で、これが正解と云えるわけではありませんが、少なくともその事実を議員だけでなく、市民の皆様に良い事も悪いことも現状をお伝えしなければならないと強く感じての今回の質問でした。

尚、賃金センサスの元になった賃金指数を総務省に更に確認させて頂き、福生市は115%、青梅市は104.3%、羽村市は100.5%だということが分かりました。(地元企業の正社員10人以上の賃金の平均がもとに)

今回の議会質問のやりとりの全文を掲載しました。このページの一番上より検索できます。

地域の方と勉強会を

本日午前中、地元のケーキ屋さんに立ち寄ると、市内緑が丘の畑で採れたブルーベリーを使用した、羽村ロールケーキが期間限定で売っていました。さっそく購入し、友人と共においしくいただきました。なるべく地元を応援したいと思います。

今日は1ヶ月前から約束していた介護に関する勉強会を地域の方と行いました。約2時間半を様々議論し、何となく方向性が見えて来たような…気がしました。

議会前で、日々時間に追われるような毎日ですが、これまでやりたいと思ってもなかなかできないことが実行できて良かったと思います。

これからも機会を見つけては、様々な方と学び議論して行きたいと考えております。

今日、総理大臣の正式な立候補者は、今のところ前原氏のみとのこと。状況は一変するのでしょうか。

夕方、エコキャップが溜まって来ていたので、重さを図り、丸順さんへ。

今日はいつもより少なく、57.3kgでした。

発展途上国の子ども達のワクチンの

28人分のポリオワクチン代に相当します。

皆様のお陰で、これまでの累計は

2,000人分以上のポリオワクチン代になっています。

ありがとうございます。これからも、ご協力を宜しくお願いいたします。

観光の街へ

「美男(イケメン)ですね」のドラマのテレビ放送を初めて見ました。ばっちり「ゆとろぎ」の屋上や野外ステージ、階段、通路などで撮影されとても美しく映っていました。あれ?金曜日の夜10時の放送ではなかったでしょうか。なんで今日?再放送でしょうか。やはり、嬉しいですね。自分達の街が写されているのは。

羽村市公明党は以前観光で有名な街、山形県の庄内、鶴岡、酒田を視察しました。庄内映画村があり、町おこしを観光でと、自然環境や建物をそのまま映画やポスターに活用され、多くの人を集める魅力的な町でした。

生涯学習センタ—ゆとろぎ(ホームページより)

現地で案内して下さった方がここへ来たら出羽三山に行かなくちゃとそのひとつの山を案内して下さいました。大変急な山を登りましたが、その時、精霊が確かにこの山にいると感じる不思議な体験をさせて頂きました。初めて感じた感覚で忘れられません。清々とした山を。

本当に自然環境に恵まれた素晴らしい街でした。その街の良さをそのまま観光に活かされているのです。

議会でも観光のまちづくりを提案させて頂いております。多摩地域には魅力的な風景がたくさんあります。これらを映像資源として映画やテレビのロケ地に紹介するフィルムコミッション事業は、多摩地域FC(フィルムコミッション)連絡会で推進され、26市のなかで11市が現在加盟。羽村市もそこに加盟しています。

もっと羽村の良さがアピール出来るといいですね。

夜は、多くの方にお会いし、また、92歳で頑張っておられる方のお話などを伺い、元気を頂きました。私も頑張ります。

日本の新総理大臣の行方は

市庁舎では、へちまのグリーンカーテンも

日本の総理大臣を決めるのに、ほとんど議論しないで、来週月曜日に選挙とは、国民はかやの外ですね。立候補を表明した前原氏ですが、これまで偽メール問題、外国人の献金問題で就任間もなく代表や大臣を辞めています。

また、ヤンバダムの問題で、大臣に国交相に就任して間もなく十分な現地調査もしないで「計画中止」を発表しながら、現在もヤンバダムの建設は続行しています。もし、総理大臣に就任してもどこまでもつのか…と感じるのは私だけでしょうか。

前原氏以外に6名の候補者が手を上げていますが、総理大臣候補は誰がどんな人なのかよく見えてきません。

本日は妹が来宅。ある介護施設に勤めている妹は、今度朝の4時半から出て行く勤務になるとのこと。人が辞めても勤務がきついため、募集しても人が集らないとのこと。欠員のままで、勤務体制が回っており、夏休みもとれない本当に厳しい介護の職場環境です。

そんな中で、両親や私たちを気遣ってくれる妹に感謝しながら、健康を祈ります。

議会質問の提出

昭島のスーパーで見かけました

今日は一般質問の提出日。最後の詰めを朝方まで。いつも最後に悩むのは、質問の数が多すぎてどれを減らすかです。朝、通告書を提出に行き、私は6番目となりました。

毎回の議会では産みの苦しみがあります。でも質問したからすぐに実現できるわけではありません。

だからこそ根気強く、できるまで何回も質問することもあります。

今回は、再度の挑戦もあります。また、市民相談で寄せて頂いた緊急時の命に関わる深刻な問題にも挑戦させて頂きます。省エネと環境問題にも取り組ませて頂きます。

昨日で夏祭りは全て終わり、午後は美容院で髪をカットに。昨日の隣の町内会の夏祭りは雨のため中止となりました。役員さんは朝から購入されていた野菜を町内会に配って回られ大変でした。お疲れさまでした。

夜は久しぶりの多くの方にお会いし、お元気そうな姿に嬉しくなりました。いよいよ本年後半の様々な活動が始まります。今日はとても涼しく秋の訪れのような感じでしたが、明日はまた暑くなるとの事。日替わりで変わる天気に負けず、健康第一で。