Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2011年 7月

公明新聞をご覧下さい

明日は公明新聞啓蒙の締め切り日。公明新聞は刻々に変わる政治を一番分かりやすく報道されています。また最新情報が載っているのも公明新聞の特色です。

全国の自治体の動きは公明新聞を見れば分かります。他党の議員さんが購読されるのもそのゆえです。

今日1日で何人の方に公明新聞を訴えさせて頂いたでしょうか。10人以上でしょうか。友人、知人、党員さん等々。ご協力ありがとうございました。

是非未来への希望の新聞、公明新聞をご覧下さい。購読希望される方は西川まで(042-578-0997)ご連絡お待ちしております。全国どこからでもO.Kです。日刊1,835円。

夕方はお通夜に参加させて頂き、夜は会合でした。明日は友人と約束があります。本日の市民相談2件。

4年が経つのはあっという間です。年をとるのが早い…..ではなく年をとるのですから若返るのですね。がんばろうっと。

日々前進!

今日は母のデイサービスがお休みの日。午前中ある方との約束が中止になり、予定が空いたので母を今の間にお風呂に入れようと、調度お風呂で格闘している時次々に2本の電話が入りました。1本の電話は11時30分ごろ訪問を約束。もう1本の電話は市民相談。調べて電話を折り返すことを約束。そうしてお風呂から出てきたところで、先ほどの市民相談の方が自宅に訪問されました。

その場で調べてお話し、息子さんのことでのご相談でしたので、これ以上の相談は直接息子さんからご連絡頂けるようお願いしました。

厚真町の小学校の太陽光発電

その後何軒か回りながら、約束の方とお会いしその足で市役所へ。市民相談を頂いていたことを進めるために4カ所の部署を訪問。更に夕方4時に約束していた方の所を訪問。その後2軒の方の所を訪問。お邪魔してお話ししている間にすっかり夜になっていました。

1日はあっと云う間に終わってしまいます。でも、こうやって動かせて頂いている間に2ヵ所の危険箇所に警察で対応してくれることが分かりましたし、1つ1つ前進しています。89歳の父のサポートあっての日々の活動です。父には感謝しています。

いつの間にか越された方へ

ゴーヤと朝顔等グリーンカーテンのお庭

今日の街頭は台風のため中止。10時から会派での勉強会。今市民相談で頂いている悩みの相談にも通じる実りある学習会となりました。

12時20分から厚生委員会の打ち合わせ。その後市民相談で約束した方の所を訪問。とても素敵な、バルコニーが大変広いお宅で、とてもマンションとは思えないような緑のカーテンとお花が見事に咲いていました。ご夫妻でお話をして頂きました。

その後、以前から雨水のことでお話頂いていた市内のお宅の前の道路を見にいきました。すると、その方の家が壊されていてお隣の方に伺ったら「家の階段が大変で家を売られて、昨日から壊し始め、青梅に越された」とのこと。とても驚きました。

何度もその道路を見に行っていたのですが、お声をかけずに帰っていました。ひと言声をかけていれば良かったと反省。ご家族の姿が目に浮かびます。青梅に行かれてもどうかお元気で。お幸せを祈ります。

問題解決に向け

なでしこジャパン、おめでとう! アメリカに勝って世界1とはすごいですね。多くの人に夢と希望を届けることができたのではないでしょうか。健闘に心から祝福を送りたいと思います。

今日は市民相談を頂いていた方の所などを訪問させて頂き、午後4軒お邪魔しました。

あるご家庭の婦人の方から、ご主人が巻き込まれてしまったある事件にどうしても納得がいかないと言い張っているので何とか頑固なご主人を説得してほしいとのご相談。訪問し様々な方の体験や自分の体験など語らせて頂き、一生懸命ご主人と対話をさせて頂きました。

ご主人は最後にやっと「分かった」と納得されたご様子。ご主人は最後は笑って今年起こった良かったことを色々話され、穏やかに対話し、お宅を後にしました。

…..

何か起こった時、大切なことはその事件が自分に何を教えてくれているのか気づくことが一番大切と思いました。確かに生きていると許せないと思うこと、理不尽なこと、いろいろありますが、そのことをどう捉えるのかによって、その後の結果は大きく違ってきます。

プラス思考が大切ということはだからこそだと思います。ご家庭の分だけ、悩みや問題もあります。明日もある方とお会いする約束を。

本日午前中、私と一緒に歩いて下さった方に感謝します。ありがとうごさいました。

暑い中、羽村市消防団のポンプ操法審査会が開催されました

北海道はたまたま涼しかったですが(20度〜25度位)、やはり東京は朝から暑い。今朝は主人と共に歩きましたが汗だくでした。

こんなに暑いとき、昨日に引き続き少年少女球技大会が開催され、子ども達は大丈夫だろうかと心配しました。

正午12時から夕方5時頃まで羽村市消防団のポンプ操法審査会が開催されました。この日のために団員の皆様は、連日練習に明け暮れる毎日を送られて来られ、今日は緊張の1日だったと思います。風があったのが救いでしたが、時々ほこりの渦が巻いていました。

全力で頑張る団員の皆様の姿はすばらしい。5時間見学させて頂くだけでも汗が吹き出ていました。そこでポンプ操法に挑戦された方はどれほど大変だったでしょうか。

本日の1位は第五分団が受賞されました。息子の親友も賞を頂いて、団員として頑張っている姿にすごいな〜偉いな〜と感心しました。本当に長時間みなさまお疲れさまでした。

終了後は市民相談を頂いている方の所に訪問。夜は地域の夏祭りに少し立ち寄らせて頂きました。

今日お会いした方から、ネッククーラー頂いて来ましたとの声が多く聞かれました。暑い時の外出に是非ご利用ください。

留守している間に

本日朝8時より暑い中、富士見公園にて「少年少女球技大会」が開催されました。

視察中にであったインコ。笑っている顔で思わず「こんにちは!」と話しかけていました。

私は朝から急いでやらなければならない仕事があり、ほんの少し見学させて頂き、知り合いの方に声をかけさせて頂いて帰宅。11時から青梅総支部の会合に参加。午後からまた別の会合に参加。

視察前も視察中も市民相談を頂いており、留守していた間に仕事が溜まっています。ひとつひとつ解決していきたいと思います。

厚真町(あつまちょう)の学校給食センタ—

厚真町給食センターにて

本日は視察の最終日、オール電化でアレルギーに対応している厚真町の学校給食センタ—を視察させて頂きました。議長さんはじめ、教育長、学校給食センター長、議会事務局長などの皆様に貴重なお時間を頂きました。

ここへ視察させて頂く前に地元の羽村.瑞穂学校給食センターを見学させて頂きましたので、その違いがとても鮮明に感じられました。地元食材を中心とした献立作りにも、地元を大切にされている思いを強く感じました。現在アレルギーの対象者は10名とのこと。

ハスカップ

また、地元の食材である「ハスカップ」(アイヌ語)というブルーベリーのような実が給食センタ—の裏庭にも植えられ、試食させて頂きました。アントニアシンを抱負に含み(ブルーベリーの3倍)、毎日4,5粒の接種で目の疲れ等に効果があるということ。

初め酸っぱいく感じましたが、何個かいただくうちに味の魅力も気づきました。おにぎりの中へハスカップに塩をつけて入れて食されるお話には驚きました。果物のような、梅干しのような…

お忙しいなか、大変お世話になりありがとうございました。

機上から積乱雲を臨んで

帰りの飛行機が羽田に着陸しようとした時、アナウンスが入り私たちの乗った飛行機が降りようとしていた滑走路で前の便の飛行機に鳥が巻き込まれ、今着陸できないと、千葉の上空を約30分以上旋回していました。

そのため、夜、党女性議員の会合が入っていましたが、遅れて参加させて頂きました。

栗山町議会と夕張市役所を訪問

議会改革と議会基本条例

本日午前中は、全国初の議会基本条例を制定した、北海道栗山町を訪問。栗山町議会の議員の皆様に議会改革と議会基本条例についてお話を伺いました。

この制定・施行は2006年5月。栗山町では議会改革の視察は全国から何千という視察を受け入れられていますが、これが実現しているところはほんのわずかの自治体です。それほど、様々な考えを持つ議員が自ら議会の条例を作り、改革していくことは難しいことです。

羽村市でも議会改革は視察報告会を開催していること等で、他の自治体から視察に見えますが、栗山町議会の議員の皆様の努力はすごいと思いました。

栗山町議会の議員の皆様と

特に印象に残ったことは、

1.議会基本条例は作ることが目的ではない。町民にとって市の運営等が良くなることが目的であり、手段で満足してはいけないこと。

2.反問権(議員の質問に市長や市職員から逆に質問を許すこと)を付与したことで、議員がすごく勉強するようになったこと。

3.議員が地域に出向き、常任.特別委員会など直接町民に報告することで、思いも寄らない質問等あり議員はとても緊張するが、町民の質問に一生懸命答える姿に町民が感動し、議員も頑張っているんだと理解して頂けるようになったこと等。

羽村市にとってどう生かせるのか、今後思索して行きたいと思います。

私立幼稚園を視察

今日は会派の視察で、札幌に向け朝5時30分自宅を出発し、羽田からANAで新千歳空港着10時35分。初めに「札幌創価幼稚園」を視察。園長先生、事務長先生、先生方が迎えて下さいました。

子ども達とも直接ふれあわせて頂きましたが、子ども達のとってもきらきらして人懐っこい笑顔が印象的。「だあれ?」「どこの人?」と私たちに近づいてきます。私たちに歌と踊りを披露してくれました。

体育館で園長先生と一緒に

園での運動会の様子や演奏会の様子などDVDも見せて頂きました。特に園のモットーである「強く 正しく のびのびと」は園卒業生もいつまでもこの言葉が自分のなかに残っているようです。

人数は年中、年長さんで8クラス246名。すでに6,399名の卒業生を出しているとのことでした。笑顔の素敵な園長先生で担当の先生と共に子ども達にスキンシップを図られておられました。

お忙しいなか、お世話になりありがとうございました。

自治基本条例について学ぶ

その後、PM2時から札幌市役所で、自治基本条例について視察しました。

札幌市役所

人口191万5千人。10カ所の市役所と87カ所のまちづくりセンタ—があるとのこと。1つのまちづくりセンタ—には、それまで係長だった職員の方を課長職にして、1人の職員を送り出し、共に住民自治に取り組んでおられました。

札幌市役所の庁舎内の不思議な遠近法の一面壁で

町内会の加入率は72%で、マンションが増えた分加入率が下がっているとの事。もともと日本で初めて自治基本条例を施行されたニセコを参考に「札幌市自治基本条例」を施行されたそうです。

この条例とは市民が主役のまちづくりを進めるための、市民、議会、行政の共通のルールです。この3者が同じ情報を共有することで、誰もがいつでも札幌市のまちづくりについて、考え、話し合い、実践することができるというもの。

今後の羽村市のまちづくりに多いに役立つ視察でした。

パワーを頂いて

今朝の街頭は早朝からカ〜と暑い日差しのなかで、羽村駅で行われました。駅頭で立っている時、3人の方に声をかけられました。その中のお二人は国の政治に対してご意見があるようでした。

本日訪問したお宅のお庭に

「公明党はなぜ自民党とくっついているの?」との質問。「自民党にくっついているのではありませんよ。市民、国民の皆様の声を実現するために、同じ意見、同じ政策に対しては一緒に力をあわせようと。だから、民主党とも政策が一致すれば連携はしますよ。一番大切なことはどうすれば市民、国民の声を実現できるか、それだけです」

というと、その方は、菅総理はちっとも国民のことを考えていないと民主政権批判が始まりました。もう一人の方も、最後は民主政権に対する批判でした。今の政治の現状を見ると云わずにいられない市民の方の気持ちも分かります。

もっと時間が欲しいそんな毎日です

女性リーダーの会合

午後は立川での女性リーダーの会合に参加させて頂きました。笑いあり、涙ありのお話された7名の方の、何とパワーのある声の響きと話の内容の素晴らしいこと。力強いこと。お話を伺っていたら、身も心も軽くなりすっきりしました。

こんなに元気を頂ける会合が他にあるだろうかとつくづく参加させて頂いたことに感謝しました。

夜、「公明新聞見ましたよ」と懐かしい方からご連絡を頂きました。昭島にいた時に大変お世話になった方からでした。お互いの近況を語り、話に花が咲きました。

明日から北海道、夕張の財政再建等への会派の視察へ出発です。2泊3日で帰ります。