Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

犬のワクチン接種について

本日お会いした獣医さんから様々な貴重なご意見を伺うことができました。ワクチン接種についての私の疑問に応えて下さいました。

日本では犬や猫などペットを飼っておれる方が増えていると思うが、ワクチン接種する犬は増えていないのではないか? 登録しない犬が増えることはワクチンを接種しない犬が増えるということにつながると思うが、その結果どうなるのか? 狂犬病になると100%死に至ると思う。海外では亡くなったという報道を耳にするが、こういう現状のなかで日本では狂犬病で亡くなる方はほとんどいないのはなぜか?

様々な疑問に対し、改めて認識を新たにしたことがあります。獣医さんたちの「出張ワクチン接種」が大きな効果を上げていることです。羽村市でも多くの地域の会館などでワクチン接種が行われています。もし狂犬病が流行すると猫や犬など動物や人間にもかかるので一気に広がる恐い病気になるそうです。

狂犬病のワクチンの接種は日本では年1回と法律で義務づけられています。しかし、1回のワクチンで数年抗体は持つのではないかとの質問には、ただその予防効果は減っていくとのこと。動物病院などで抗体検査を受ければ、参考になると思います。

コメントは受付けていません。