Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

なぜ、地震被害が拡大したのか

短期、海外で学んでいた息子が昨日帰宅。現地で地震発生から30分後に携帯情報で知ったとのこと。その後連日日本の地震報道がされていて、ニュージーランド、イギリス、オランダなど様々な国の留学生から、お見舞いの言葉や黙祷を行ったとのことです。同じ留学生の中にも実家が仙台、福島の方がおられ、被災され実家に帰れないので、他の地域に戻る人もおられたということでした。本当に多くの人の人生に大きな傷跡を残した今回の地震。なぜ、被害が拡大したのかということについて報道もされておりましたが、

(1)10メートルという高い堤防をまさか乗り越えるとは思わなかったこと。

(2)津波の第一波が2、3分後20センチだったので、大したことは無いと考えたこと。いったん避難した人が大事なものを取りに多くの人が自宅に戻った時、地震から30分後に8メートル(最大は16メートル)を超える津波が襲ったこと。

(3)津波の避難訓練も3月に終えたばかりで、参加者もだんだん少なくなっていて、現地の方から、「油断があったのではないか」との声もありました。

ここから、私達が今後のために学ぶこと。大きな地震の後には、必ず大きな津波が襲うので(海に近い方ほど)すぐに避難すること。すぐには家に戻らないこと。完全に安全だと確認されてから家に戻れば、二次被害などはかなり防げるかもしれません。

頑張れ!日本!

コメントは受付けていません。