Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

四人の息子に学ぶ事

私には4人の息子がおりますが、子どもが2人の時はいつも比べてばかりで、3人めが産まれた時、初めてそれぞれ個性だったんだと実感しました。その中で、次男の存在は不思議と私を親として成長させてくれる存在でした。中学生の反抗期に、起こったあることがきっかけで親子の絆を深めることができました。

また、長男は大学生、3男は私立の高校の野球部でお金の一番かかる時、次男の大学受験を迎えました。お金のことで追いつめられていた私は、親として子どもに言ってはいけないことを言って、次男の心を傷つけていたことに気づきました。私は悩んだ末に教育相談を受け、「息子さんとは紙ひとえで今つながっている状態。傷つけた心は謝ることしか癒えない」との指導に、「お母さんが悪かったね。本当にごめんね」と心から謝りました。息子は何も云わなかったのですが、その後の息子の成長には目を見張るものがありました。最後まで我が子を信じる事。失敗しても成功しても、我が子を信じること。それが親の道であることを教えてくれました。

それにしても…行くとは聞いていても、顔をみないと気がついた時には、ニューヨークに行っていて、その日ニュ–ヨークで飛行機事故があり、連絡の取れない息子…なんてことが日常茶飯事。ふがいない親ですが、信じて待つのみ。忙しい日々に救われているのです。

コメントは受付けていません。