Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

「1億円以上」軽減が実現!上下水道事業会計

本日午後、府中の東京自治会館にて「三多摩上下水及び道路建設促進協議会第1委員会」の委員として会合に参加しました。多摩地区の水道事業は26市町が都営水道となっています。(羽村市は昭島市とともに一元化していません)

東京都水道局に23年度の要望として、羽村市は金利6%未満の企業債について、補償金免除の繰り上げ償還条件を緩和する等を要望いたしました。

実は、羽村市は22年度に6%以上の企業債を繰り上げ償還することができ、将来に負担する利息(上下水道事業会計)1億1千2百万円の軽減が図られたのです。

(写真は東京自治会館)

これは、八王子市公明党市議会議員の要望を受けた、沢ゆうじ公明党参議院議員が総務委員会で「変動金利準備金が25兆円が積み上がっている。これは地方自治体のお金であり、繰り上げ償還させるべき」との熱い思いが実り、5兆円の予算を獲得でき、羽村市でも繰り上げ償還ができました。(昨年9月議会質問で明らかに)税収減に苦しんでいる全国の自治体にとって、将来的に大きな負担軽減になることでしょう。

コメントは受付けていません。