浜崎たつやは、認知症徘徊をしていた実父をもつ経験から、自宅介護をする家族に対する支援の一環として、認知症徘徊者問題を県議会で取り上げました。結果、防災メールの中に徘徊者についての情報の共有化を実現しました。
 また、近年ではオレオレ詐欺や還付金詐欺が増えています。福岡県警察ではこれを「ニセ電話詐欺」と呼んでいます。平成29年中の福岡県におけるニセ電話詐欺の認知件数は597件で、前年と比べ245件増加し、被害額は11億4,263万円で、前年と比べ4億7,739万円増加しました。浜崎たつやは、「ニセ電話詐欺」の対策として、電話コール前に録音している旨を伝える「迷惑電話防止機器」の設置を推進。その他には、「ニセ電話詐欺」の対象となる世帯に対して、事前電話し、注意喚起する「ニセ電話詐欺被害防止コールセンター」の推進しました。
電話でお金は、すべて詐欺!

福岡県警察によるニセ電話詐欺対策のサイトは下記からご覧ください。

福岡県警察 ニセ電話詐欺対策サイト

Twitter
外部リンク
サイト管理者
浜崎 たつや
hamasaki_tatsuya@hotmail.com