函館市議会 小林よしゆき

行動力バツグン! 確かな実績。 函館の未来を拓く、即戦力!!

公明党時局講演会 函館

未分類 / 2019年2月17日

IMG_3256

本日、公明党時局講演会を開催し、志賀谷道議、横山参議院議員があいさつ。来賓で、政経懇話谷地頭の会 代表村上様にお越しいただき、激励のお言葉をいただきました。

私も、あいさつの中で、今年4月から、稜北高校に函館高等支援学校が開校することを紹介。4年前から、議会質問等で訴え、公明党函館市議団、志賀谷道議とも連携し、実現にたどり着いた。

その内容を紹介します。

4年前、2015年の春。障害児を持つ母親から相談がありました。内容は、中学3年生の特別支援学級に通っている息子さんの進学のこと。

特別支援学校は北海道所管ということもあり、志賀谷道議に同行してもらい、ご自宅へお話を聞きに伺いました。

一番今、悩んでいることは、自宅から通学できる学校に進学したいという相談でした。

 函館市では、五稜郭支援学校に進学希望が集中し、そこに漏れた場合、近郊の七飯や北斗の養護学校は、すでに定員が埋まっているため、今金町や伊達市の養護学校に進学し、宿舎での生活になり、住み慣れた地域で、通学しながら教育を受けたい。という希望がかなわないということでした。

 自分の息子には、間に合わないかもしれませんが、多くの生徒が自宅から通学できるよう、対応を急いでもらいたいと要望を受けました。

その後、障害を持つ中学生の現状を調査し、過去10年の動向を見ると、中学生全体の生徒数が20%減に対し、特別支援学級の生徒は1.8倍になっており、特に自閉症・情緒障がい学級の生徒は、およそ4倍、教室の設置数は3倍に増えておりました。

 また、進路状況を調査したところ、100%が進学し、普通高校に進学した生徒を除き、函館市以外の高等養護学校に進学した生徒は、42%。半分近くが、市外の学校へ進学していました。

 早速、議会で取り上げ「特別支援教育の基本方針」にある「できる限り身近な地域において」「一人ひとりの教育的ニーズに応じた専門性の高い教育」という基本的な考え方が函館市では保たれていないと指摘し、国や道に強く要望するよう求めました。

 一方、志賀谷道義は、道教育委員会にも掛け合い、道立高校の統合に合わせ、空き校舎を利用出来ないか検討し、稜北高校設置に向け道筋をつけて頂きました。その後、正式に統合が西高校に決まり、本年4月から稜北高校校舎に函館高等支援学校として開校することが決まりました。

 定員も、32名と倍増し関係者からは、喜びの声が上がっております。

先日、相談者のお母さんと息子さんに、この話を報告すると目に涙を浮かべて喜んでいただきました。当時の中学生も函館近郊の養護学校に自宅から通学し、今年卒業を迎えます。

 18歳になり初めての選挙も、お母さんの小さな声から、公明党のネットワークのチカラで実現した実績に感動し、4月の初投票を楽しみにしております。

今後は、志賀谷道義とさらに連携を密にし、特別支援学校卒業後の環境整備にチカラを注ぎ、障がいのある人たちとその家族が安心して暮らせる社会の構築を必ず作って参ります。

 

2019新春街頭

未分類 / 2019年1月3日

新年あけましておめでとうございます。本年は、5月から新元号となり、名実ともに新たな時代の幕開けとなります。この新しい時代も「大衆とともに」との立党精神から出発し、「人間主義の政治」「庶民のための政治」の実現に向け、邁進してまいります。

2019新年街頭

いじめ相談にライン活用、市教委が来年度試行実施

未分類 / 2018年12月15日

いじめ対策で何度も推進してきた政策が函館新聞に掲載されました。

SNS相談
 函館市教委は14日、いじめ防止対策として、来年度から無料通信アプリ「LINE(ライン)」を活用した相談受け付けを試行実施する方針を明らかにした。気軽に相談できる体制を整え、生徒らが抱える悩みの早期発見につなげる。
 同日の第4回定例函館市議会一般質問で、小林芳幸氏(公明党)の質問に澤田紀之学校教育部長が答えた。
 ラインの相談受け付けは、道教委が8月17日から2週間、道立高校201校約8万6000人の生徒を対象に試行実施。「友人関係」「学業・進路」など920件の相談が寄せられた。
 調査結果を受け、市教委は同様の試行実施に向けた検討に着手。長野県や富山県、滋賀県大津市などで先行事例があり、アプリが広く普及していることから、市立中学、高校の生徒を対象とした導入を決めた。
 ライン上で共感的な応答手法ができる相談員の確保や、緊急対応が必要な場合の関係機関との連携など実施に向けた課題は今後詰める。
 澤田部長は「友人関係や学業成績など児童生徒が抱える悩みを早期に発見し、深刻化しないよう多様な相談体制の整備が重要だ」との認識を示した。(山田大輔)

函館港若松地区クルーズ船岸壁暫定供用

未分類 / 2018年10月2日

予定していた函館港若松地区クルーズ船岸壁暫定供用披露会が台風の影響で中止となり、若松ふ頭にクルーズ船が入るのは来年に持ち越されました。

午前中、朝市の関係者と懇談させていただきましたが、クルーズ客船の若松ふ頭入りは大変歓迎し、期待しておりました。

若松埠頭 議員団

若松ふ頭 若松ふ頭2

朝市

朝市懇談

H30年度函館市防災訓練

未分類 / 2018年8月28日

昨年は北朝鮮弾道ミサイル騒動、一昨年は台風と中止になり、3年ぶりに防災訓練が行われました。

IMG_3096

市が除雪費3億円追加、総額7億円に 補正予算案提出へ

未分類 / 2018年8月23日

 函館市は21日、9月3日開会予定の市議会第3回定例会に、追加の除雪費3億円を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出することを明らかにした。昨冬見舞われた大雪を受け、除雪計画の見直しと併せて万全な態勢を取る構えで、当初予算を含めた除雪費の総額は約7億円となる。
 同日の市議会経済建設常任委員会(小林芳幸委員長)で、市土木部が今年度の除雪体制を説明した。
 市は、2013年度以降、除雪費の当初予算として4億円を確保。ただ、直近10年間では7回予算額を上回り、このうち過去最高となった昨年度の約9億8000万円を含め、4回で8億円を超えた。
 田畑浩文土木部長は「全国的な異常気象で函館も昨冬のような大雪に見舞われる可能性が高く、除雪費の予算額も一定程度の金額の計上が必要である」と説明。雪捨て場の追加など除雪体制の強化に伴う費用を算出し、金額を決めた。除雪費の予算額は19年度以降も、7億円がベースとなる見込み。
 市は除排雪作業の効率化を図るため、現在14カ所ある業者用の雪捨て場について、緑の島など新たに25カ所を確保。市の試算では、大森公園(大森町)を起点として排雪を緑の島(大町)まで運んだ場合、現行の陣川町の雪捨て場と比べて運搬時間がほぼ半減され、必要なダンプトラックも半分で済むという。
 また、同委員会で市都市建設部は、西部地区再整備事業で基本方針の検討を行う委託業者に、道内でまちづくり事業などを手掛けるノーザンクロス(札幌)を選定したと説明。今後は、専門家や有識者で構成する検討会議と、住民や市民団体など約50人を対象とした公開型の「西部地区リデザイン・サロン(仮称)」を各3回開催して議論を交わし、来年3月までに基本方針案を作成する。(函館新聞電子版 山田大輔)

街頭演説2018.7.23

未分類 / 2018年7月23日

志賀谷道議、函館市議団で街頭。市政報告をさせていただきました。

IMG_3058

 IMG_3057 - コピー

IMG_3055

平成30年度函館大学同窓会

未分類 / 2018年7月8日

毎年、7月の第1土曜日に行われている、母校の函館大学同窓会に参加いたしました。

同窓会

 

第74回日本ユネスコ運動全国大会in函館

未分類 / 2018年7月7日

芸術ホールでの開会式に参加させていただきました。
オープニングの上磯中学吹奏楽団の演奏最高でした!
広げよう平和・共生の心
~北の大地から次世代へ~
役員の皆様!これまでの準備を含め大変ありがとうございました!

ランドセルが「重い!」

未分類 / 2018年6月12日

本日、通学時の学習用具の持ち運びにおける児童生徒の負担軽減について質問いたしました。
sns_75585_0796025001528802917_0.jpg

SNS相談 家賃補助 市営住宅