安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

「2017年ヒット商品ベスト30」について 4073

未分類 / 2017年12月31日

IMG_0607今年も大変お世話になりました。日々の生活に大小様々な変化があるように、今年も様々な商品が世の中に出てきました。商品の重要性は人それぞれですが、この時期、その年のヒット商品が発表されます。私の今年のNo.1は、ユニクロの「ウルトラライトダウンコンパクトジャケット」。カーディガン代わりに着ているのですが、襟がなく、薄くて、軽くて、しわにならない。ほとんど毎日着用してます。これは使えます。

先日、公明新聞コラム「北斗七星」が日経トレンディの選んだベスト30について紹介していました。

「しっかりアンテナを張っておきたいと反省した。情報誌「日経トレンディ」12月号の「2017年ヒット商品ベスト30」のうち、実際に体験したものが、コンビニの「でか焼鳥」(8位)と、回転玩具の「ハンドスピナー」(10位)だけだったからだ。

9位の「anello(アネロ)」に至っては聞いたことさえない。幼い子を持つ母親に人気のリュックだそうだ。記者の端くれとして、政治や経済はもちろん、世の中のさまざまな動きに敏感でありたいと思う。

ヒット商品で感心するのは製作者の目の付けどころ。2位の「明治 ザ・チョコレート」は、チョコとは分からない斬新なデザインのパッケージが注目された。19位の「ジェルボール3D」は、洗濯用洗剤を計量するわずかな手間を省いて支持を得たという。

前者は業界の常識を疑ってみたことで、後者は何気ない暮らしの習慣に目を向けたことで商機をつかんだ。節約志向が根強いとされるが、消費者のニーズを掘り起こすチャンスは多い。

結党時に「大衆福祉」を掲げた公明党は、「福祉なんて政治のやることではない」と素人扱いされた。それが政界の常識だった。今、社会保障は与野党問わず政策の柱にしている。他党とは目の付けどころが違う―公明党らしさの一つを今後も追求していきたい。」

最後の締めに身が引き締まります。来年も頑張ります。