安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

横浜経済活性化特別委員会について 1547

未分類 / 2011年5月24日

昨日、横浜経済活性化特別委員会が開催されました。企業等の誘致、創業・ベンチャー支援や新しい産業を創出し、市内企業の成長・発展を進め、また雇用環境の整備や都市農業の振興を図るなど市民生活を支える地域経済の活性化施策の推進を図ることを目的に設置。平成21年度は市内中小企業の振興、平成22年度は地域経済活性化に向けた商店街振興について議論されてきました。

昨日は今年度のテーマについて議論。東日本大震災の影響を考慮しての施策検討や雇用対策、文化振興を通じての経済対策やカジノを含めた観光関連、新たなビジネスモデル等々、様々な意見がだされました。

私からは、横浜には他の自治体をリードし、これまで優れた経済施策が施行されてきたことを述べた上で、時代・環境を考慮しながら新たな動きを検討すると共に、これまでの施策の結果を見ながら、何が不十分だったのか、予算執行残の原因は何だったのかを検証すべきではないか。元々、人も予算もかけた横浜独自の優れた施策。敢えてそれらを見直し、活かすことに注力すべきではないかと提案しました。ちょっとした何かが流れを止めることがあります。そこを変化させることで一気に突破し、経済活性化に資するものもあるのでは、と思います。

頑張って参ります。