安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

がん検診で民間企業と協定について 1478

未分類 / 2011年2月28日

官庁速報によりますと、東京都中野区は、がんの早期発見に努めるため、がん検診の普及啓発や受診率向上を目指す協定書を民間企業と締結したとのこと。今後、協定を締結した企業と連携し、がんに関する正しい知識の普及に加えて、受診率引き上げに向けた啓発活動を展開するとしています。

区によると、区のがん検診受診率は2009年度現在で、大腸がん23.6%、乳がん19.1%、胃がん4.1%などと低い水準。このため、区は受診率引き上げに向けた活動を幅広く展開するため、民間企業との連携を強化することにしたとしています。横浜市はこれよりはるかに低い水準です。

協定書を締結したのは、外資系保険会社と地元に拠点を置く信用金庫の2社。協定書は全12条で構成しており、提携企業が啓発活動に取り組むほか、こうした活動を後押しするため、区が必要な情報を提携企業に提供する規定が盛り込まれているそうです。

区は今後、協定に基づき、提携企業と共同で講演会やパネル展を開催。さらに、リーフレットの作製や区の関連イベントへの協力といった活動を提携企業に展開してもらうことも想定。区は趣旨に賛同する他の企業と同様の協定を締結する考えとのこと。

がん検診受診率の向上は極めて重要な課題。こうした例も参考にしながら、がん検診受診率向上に尽力して参ります。