安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

水の事故について 1268

未分類 / 2010年7月25日

一昨日の文教常任委員会。児童、生徒の水の事故についても話題になりました。これから先も猛暑日が続きそうですので、海や川へ行く機会の増えるのでは。改めての注意が必要です。

先週の3連休最終日。全国各地で水の事故が相次ぎ、全国で6人が死亡し、5人が重体との報道がされました。

神奈川・平塚市の海岸では、家族で遊びにきていた小学1年生の男の子が波にのまれ亡くなる事故が。保護者をはじめ、その悲しみは計り知れません。
猪苗代湖で桟橋から湖に飛び込んだとみられる2人がおぼれ、1人はすぐに救出されたものの、飲食店従業員の20歳の方が行方不明に。1時間後に発見されましたが、搬送先の病院で死亡。

一方、宮城・石巻市の表浜漁港では、遊泳中の高校3年生の男子生徒が漁船と衝突して死亡。この事故で、漁船を運転していた49歳の男が業務上過失致死の疑いで逮捕。男は事故当時、泥酔していて、容疑を否認しているとのこと。許せない話です。

楽しいはずのひと時が、一瞬にして最悪の事態に。水の事故に注意していきたいです。下記はご参考までです。

「海水浴場や川で水の事故を防ぐ徹底ガイド」

http://suigai.kaiketu2.com/

また、熱中症も増えており、読売新聞によりますと、1週間で死者52人、5896人搬送されたとのこと。気をつけていきたいと思います。

※にほんブログ村の「政治ブログ」ランキングに参加中。
ランキングはブログ画面からご覧になれます。
こちらからどうぞ⇒ http://gyota.seesaa.net/

※その他の活動報告、プロフィール等はhttp://www.gyota.com