20150829_110450.jpg

岐阜市で世界農業遺産国際シンポジウムが、開催されました。岐阜県は「清流長良川の鮎」の世界農業遺産への認定をめざして取り組んでいます。ユネスコの世界遺産は、遺跡等の不動産を登録保護するのに対し、世界農業遺産は、次世代に継承すべき伝統的な農林水産業の「システム」を認定し、その保全と持続的な活用を図るものです。鮎は長良川の清流で育ち、清流と鮎は地域の経済や歴史文化と深く結びつき、それが人の生活、水環境、漁業資源が相互に関係している世界に誇る里川のシステムであることを世界にアピールしています。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
岐阜県 水野吉近
yoshmzn@triton.ocn.ne.jp