Archive for the ‘スナップふっつ’ Category

電気の恩恵を実感する日々。今回の台風は、猛烈な強風に翻弄された。

早朝、私の住む富津市千種新田の一部の地域では、通電した。丸2日間、電気のない生活に、不便さを痛感。きょう1日も、被災者の住まいの手配、公明掲示板が強風で飛んでしまった事件の確認、公明党千葉県議会議員との被災者へのお見舞いと、現場に足を運ぶ。

そんな中、昨夜の自宅での1コマ。以前、TV番組で知った、被災した際の照明器具の活用技術。照明器具の上にペットボトルを乗せるアイデア。今回初めて自分も実践。室内が更に明るくなった気がする。写真は、暗闇に浮かび上がったペットボトル。

今夜22時近く、市民の方から電線の断線の連絡、また東京品川区在住の方から富津市内に住む親族の安否確認の電話と、様々な要望が届く。明日も現場確認に向かう。

DSC_0047

 

富津岬の先端に展望台がある。正式名称は、「明治百年記念展望塔」。設計は、池原謙一郎(いけばら けんいちろう・1928〜2002年3月)。建築家と思っていたら、造園家・環境デザイナー・ランドスケープデザインの研究者とウィキペディアにあった。

この展望塔は1971年の竣工だから、48年が経っている。最近、駐車場の嵩上げ工事などが終わり、併せて展望塔の昇降口の閉鎖も開放され増えた。改めて、じっくり昇り、見渡してみると、本当に魅力的な構造物だ。眺めていて飽きない。そして、何よりここから見える風景も魅力的だ。

残念ながら老朽化が進んでいるが、何とか永く残したい展望塔。

展望塔1展望塔2展望塔3

1枚の写真でも、どこの位置で構図を決めるかで、まったく印象の違う写真となる。感動した風景をどのように切り取るか。感動を再現する構図は。

夏の富士は、なかなか見る機会がないが、今月17日に富津の下洲海岸から撮れた。少し残雪がある魅力的な富士だった。

参議院選挙が間もなく公示される。悔いのない選挙活動を展開したい。

DSC_0052

今週の9日は、地元の大貫(おおぬき)小学校の入学式。新入生は26人で1クラス。10日は大貫中学校の入学式で、新入生は55人。2クラス。今回が大貫中学校としての、最後の入学式。来年は、大貫と佐貫(さぬき)が合併・統合し、大佐和(おおさわ)中学校となる。

小学生は初々しく、自由奔放。中学生は清新さが伝わってくる。この無限の可能性を開花させるのが、教育の目的。先生方に大いに期待したい。

写真は、左から先月の大貫小学校の卒業式。いつもは正面を撮っているが、今回は反対側を撮った。はっきり写っていないが、この2階の手摺に3枚のモザイク画がある。海と山と宇宙をモチーフにしているが、明るく楽しくなる作品だ。次は、小学校の正門前のサクラ。最後は、この日きれいに見えた富士。旧社会体育館から見えたので、帰り道、少し遠回りして岩瀬の海岸から撮った。

大貫小卒業式

大貫小

富士

 

今朝のこと。いつものように早朝自宅を出て、直ぐのこと。西の彼方の低い位置に、オレンジ色の満月が現れた。スマホで撮ったが、うまく撮れない。やらなければいけないことがあり、一瞬迷ったが自宅に寄り、カメラを持参。月の位置は更に低くなり、海岸まで行かなければ撮れない高さに。

手ぶれの写真だが、撮れてよかった。時間は5時前後だったと思う。近頃は、この時間になると東の空が明るくなっている。一日一日、春に近づいている。

見た時の感動が、写真に表現されていない。明らかに技術不足。感動を伝えられる写真を撮りたい!

一瞬の月

第41回となる千葉県民マラソンが、富津市総合社会体育館をスタート・フィニッシュで開催されました。今回は、北は北海道、南は福岡県まで4,000名以上のランナーがエントリー。

残念ながら、天候は寒い雨模様。しかし、来賓・ランナーとして挨拶に立った富津市観光大使の、えとう窓口さん(お笑いコンビWエンジンの突っ込み役)。元気一杯で、わかりやすい話し方。そしてこの雨さえ思い出にしましょうと前向きな捉え方で、爆笑を誘う内容。改めて、笑いのパワーを体験しました。

県民マラソン1

県民マラソン2

少し寒くなってきて、夕暮れ時の空がきれいだ。わたしの家は窓が多いので、空の変化に敏感。

左の写真は昨日で、右は今日。ともに夕暮れ時。玄関を飛び出し、50m程、早足で撮りまくる。1分ぐらいで終る。自然が織りなす表情は、感動的。

夕焼け10:29夕焼け10:30

東京湾の入口に、大型船(全長160m以上)が行き交う浦賀水道がある。1日平均、約500隻が行き来している。その情報は、東京湾海上交通センターのHPを見ると、現在と向こう7日分の大型船入航予定情報を確認できる。

先週の水曜日、清掃ボランティアで金谷港近くにいたら、突然目の前に大型客船が。あいにくカメラが無いので、急いでスマホで撮る。こんなに近くで見ることができるのも、富津市金谷の地の利。

7:11客船

カメラは、20歳過ぎから使ってきた。最初に買ったのがNikonだったので、Canonも使ったがNikonの方が多い。今、使っているのNikonD40x。初心者向けのカメラ。購入したのは、2007年8月18日。

今年に入り、バッテリーの調子が悪いので、新品を2コ購入。11年近く使ったので、買い替え時期と納得。ところが、1週間前に今度はシャッターが降りなくなった。一時、復旧したが昨日から全く切れなくなった。

梅雨明けの空を見ていると、写真を撮りたい風景にぶつかる。スマホがあるが、やはり手に馴染んでいるカメラで撮りたい。使えなくなって、初めて普段のありがたさを実感。ああ〜、早く修理に出したい!

NikonD40x

昨日は、地元の大貫小学校の卒業式。この式典で一番の楽しみが、卒業生の「将来の夢」と「好きな言葉」。卒業生の顔写真と、この夢と言葉がスクリーンに映し出される。映し出される前に、卒業生の顔や動作から勝手に「夢と言葉」を想像する。映し出されてからは、想像したイメージとの違いをつなげるために、また想像する。そして、10年後も想像する。桜梅桃李という言葉があるが、まさに十人十色。この想像の時間と、人間の可能性を感じる瞬間が楽しい。

下の写真は、今週、金谷にボランティア活動に行った際に撮った6点。左から順に。JR浜金谷駅近くに昨年オープンした蕎麦と珈琲のお店「サンガ」。店内の植物と影がおもしろく、パチリ。浜金谷駅から見た住宅の屋根と山と鋸山の重なりがたのしく、1枚。これも駅ちかくにあった興味深いイラスト。下段は、「石と芸術のまち金谷」にふさわしい、石とのコントラストが面白い、風景群。カメラを持って散歩するには最適なサイズが、金谷の街だと感じている。

大貫小卒業式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蕎麦屋

鋸山

イラスト

路地

石塀

風化の石

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp