Archive for the ‘スナップふっつ’ Category

少し寒くなってきて、夕暮れ時の空がきれいだ。わたしの家は窓が多いので、空の変化に敏感。

左の写真は昨日で、右は今日。ともに夕暮れ時。玄関を飛び出し、50m程、早足で撮りまくる。1分ぐらいで終る。自然が織りなす表情は、感動的。

夕焼け10:29夕焼け10:30

東京湾の入口に、大型船(全長160m以上)が行き交う浦賀水道がある。1日平均、約500隻が行き来している。その情報は、東京湾海上交通センターのHPを見ると、現在と向こう7日分の大型船入航予定情報を確認できる。

先週の水曜日、清掃ボランティアで金谷港近くにいたら、突然目の前に大型客船が。あいにくカメラが無いので、急いでスマホで撮る。こんなに近くで見ることができるのも、富津市金谷の地の利。

7:11客船

カメラは、20歳過ぎから使ってきた。最初に買ったのがNikonだったので、Canonも使ったがNikonの方が多い。今、使っているのNikonD40x。初心者向けのカメラ。購入したのは、2007年8月18日。

今年に入り、バッテリーの調子が悪いので、新品を2コ購入。11年近く使ったので、買い替え時期と納得。ところが、1週間前に今度はシャッターが降りなくなった。一時、復旧したが昨日から全く切れなくなった。

梅雨明けの空を見ていると、写真を撮りたい風景にぶつかる。スマホがあるが、やはり手に馴染んでいるカメラで撮りたい。使えなくなって、初めて普段のありがたさを実感。ああ〜、早く修理に出したい!

NikonD40x

昨日は、地元の大貫小学校の卒業式。この式典で一番の楽しみが、卒業生の「将来の夢」と「好きな言葉」。卒業生の顔写真と、この夢と言葉がスクリーンに映し出される。映し出される前に、卒業生の顔や動作から勝手に「夢と言葉」を想像する。映し出されてからは、想像したイメージとの違いをつなげるために、また想像する。そして、10年後も想像する。桜梅桃李という言葉があるが、まさに十人十色。この想像の時間と、人間の可能性を感じる瞬間が楽しい。

下の写真は、今週、金谷にボランティア活動に行った際に撮った6点。左から順に。JR浜金谷駅近くに昨年オープンした蕎麦と珈琲のお店「サンガ」。店内の植物と影がおもしろく、パチリ。浜金谷駅から見た住宅の屋根と山と鋸山の重なりがたのしく、1枚。これも駅ちかくにあった興味深いイラスト。下段は、「石と芸術のまち金谷」にふさわしい、石とのコントラストが面白い、風景群。カメラを持って散歩するには最適なサイズが、金谷の街だと感じている。

大貫小卒業式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蕎麦屋

鋸山

イラスト

路地

石塀

風化の石

きょうは、予算審査特別委員会。午前中で終わったので、同僚議員と約束していた、富津市の竹岡マリーンヒルにあるカフェへ。この場所は東京湾が見渡せる絶景ポイント。カフェへの行き帰りには、それを実感できる。

このカフェの特徴は、コーヒーの味はもちろんのこと、映画関係の書籍が揃っていること。基本データは以下の通り。店名:海猫珈琲店。場所:富津市竹岡175-108。電話:0439-32-1772。営業時間:8時30分〜19時。定休日:毎週木曜日・1月1日。カーナビを利用するときは、地番「-108」は、「-18」と入力すると近いとのこと。朝8時30分からの営業は、この地域では画期的。

写真は、昨年12月に撮った外観。窓際にあった、一輪挿しと海猫の置物。そして店主の奥様が描いたアメリカ人映画監督のイラスト。

DSC_0033

DSC_0012

DSC_0019

きょうは、地元の大貫中学校の卒業式へ。今回の卒業生は、62名。私が卒業した1966年の卒業生は、246名。当時と比べ、約75%の減。

しかし、教育の根本姿勢は厳然でした。校長先生の式辞に感心。その内容は、卒業証書の内容を詳細に説明し、唯一のものであることを伝えた。その根底に、卒業生への愛情を感じ、教育の重要性を再確認。普段は優しい感じの校長先生に、この日は新たな発見をした。

久し振りに持参したカメラでパチリ。スマホで撮ることが増えたが、やはりカメラは、自分の手に馴染んでいる。

大貫中卒業式

あっという間に1ヶ月が過ぎようとしている。今年初めての更新。写真にそって(左から右へ)、駆け足でご報告。

今年の元旦は、珍しく日の出を撮りに行かず、ビッシリと凍結した自家用車のフロントガラスをパチリ。その変わりに、意義深い2日に富津岬の展望塔から紅く染まった早朝の富士を撮り、夕刻には東の空に現れたスーパームーンを。次は7日の成人式。今回は当事者が企画・運営し、充実の式典となった。次は13日の賀詞交歓会。見ての通り賑やかな新春となった。次は23日朝の、近くの海岸沿いの遊歩道。雪が降ると普段の風景が一変する。タイヤのスリップが少し心配だったので安全策をとり、遊歩道を利用し目的地まで。おかげで、夜は熟睡してしまった。最後は順序が少し前後するが、14日の出初式。会場の富津市消防防災センターは、遠くに白雪の富士を望むことができる、素晴らしい立地環境にある。

小さな写真をクリックしてみてください。少しですが、写真の全体を見ることができます。

1元旦

2富士

3スーパームーン

 

 

 

 

5成人式6賀詞交歓会71:23雪の朝

4出初式

今年のソメイヨシノの開花の全国トップは、東京の3月21日でした。しかし、それから満開までの時間が、かかりました。富津市内でも、満開は最近だと感じます。

富津市の「市の木」は、桜。そんなこともあって、市内のキレイな桜を撮りたいのですが、時間の都合と天候の条件が合わなく、今日まで撮っていませんでした。何とか撮りたいと、きょう午前中の1時間ほどで、富津公園とふれあい公園の2カ所の桜を撮りました。

左2枚は、富津公園・中の島の桜。松とのコントラストが美しい場所。きょうは、ご婦人と若いミセスの2グループが、桜の下で食事をしながら楽しんでいました。右は、ふれあい公園の君津寄りの場所。ここは、たっぷりしたスペースもあり、本当にゆっくりできるのですが、残念ながら余り知られていないようで、殆ど人がいませんでした。モッタイナイ!

富津公園・桜-1

富津公園・桜-2

ふれあい公園・桜

千葉日報・富津市陸上競技協会主催の第39回千葉県民マラソンが、昨日開催された。きのうの千葉日報には、大会参加者全員の氏名が掲載され、きょうの紙面には各部門の上位入賞者の記録が載っていた。さすが、新聞社主催だけのことがある。今日の新聞一面には、県内外から3885名が参加とあった。

この日は午後、千葉市での予定があったので午前中でマラソン会場を失礼したが、会場内の屋台で焼きそばを買った。富士宮から来ていた方達で、2種類の焼きそばを買ったが、大変うまかった。さすがB1グランプリを2勝しただけの伝統を感じる。紙製の器も良かった。

最後の夕景は、今日、自宅近くで撮ったもの。明日の好天を約束する、明るい空が輝いていた。

大会会場

マラソン・スタート

雨上がりの夕焼け

 

この10日に、うれしい出来事が2つあった。

1つは、本当によく使いきった古い生涯学習バスから、新しい生涯学習バスへの引き継ぎが市役所であった。取得金額は、15,059,258円(消費税込)で、車種は「いすゞ・ガーラミオM-1」で、定員44名(運転手除く)。タイヤはスタッドレスで、ドライブレコーダーが4箇所に装備。外観は写真の通りで、富津市のマスコット「ふっつん」が、配されている。

2つ目は、地方創生の国の交付金を活用し進めている、NPO法人・オール富津情報交流センター(AFICC・アフィック)が、富津市の北部の拠点となる「イオンモール富津ステーション」をイオンモール富津の3階にオープンさせた。オープニングイベントでは、事業の紹介、進捗状況などが報告され、その後、富津市・イオンモール・アフィックによる三者協定書締結があった。この拠点が富津市の地域創生の場となるためにも、市民との共同が不可欠。わたしも自分の立場で、全力の支援を考えている。皆様もイオンに来た際には、ぜひ立ち寄って事業の内容を知っていただき、発展のアイデアも提案していただきたい。

新生涯学習バス

AFICC Open

Twitter
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp