バックナンバー 2019年 3月

今朝のこと。いつものように早朝自宅を出て、直ぐのこと。西の彼方の低い位置に、オレンジ色の満月が現れた。スマホで撮ったが、うまく撮れない。やらなければいけないことがあり、一瞬迷ったが自宅に寄り、カメラを持参。月の位置は更に低くなり、海岸まで行かなければ撮れない高さに。

手ぶれの写真だが、撮れてよかった。時間は5時前後だったと思う。近頃は、この時間になると東の空が明るくなっている。一日一日、春に近づいている。

見た時の感動が、写真に表現されていない。明らかに技術不足。感動を伝えられる写真を撮りたい!

一瞬の月

きのうの早朝は、風雨が強かった。午前10時から、教育福祉常任委員会があったので市役所へ。委員外議員として傍聴する。定例議会に上程される議案の理解は、議員として不可欠な条件。内容の濃い会議が終わり、昼過ぎに外に出ると、風も止み穏やかな青空がひろがっていた。

帰宅し、あまりに空がきれいだったので庭に出た。葉の落ちた庭木をみたら、枝先につぼみが。確実に春が近づいている。

あの3・11から8年が過ぎた。飲料水だけは、常に3日分以上の備えをしているが、非常食は怠っている。被災者が言った「忘れないで」の一言が蘇ってくる。

庭木の芽

昨日は、地元の大貫(おおぬき)中学校の卒業式に参加させていただいた。私もこの中学校を1966年に卒業したから、約半世紀が経った。当時は1クラス41名で6クラスあった。小中学校の式典に参加する度に、少子化を実感する。

大貫中学校の卒業式も、残すところあと1回。来年の入学式は、佐貫(さぬき)中学校と統合し、新しい「大佐和中学校」としてスタートする。先月末、この校章のデザインが発表になった。発案者は、大貫中学校卒業生の髙橋正悟さん。校章は、いろいろなところで使われるから、シンプルだと使い勝手がいい。表現したいことも明確で、その制作意図も伝わってくる、好感を持てる校章となっている。

生徒数は減っても個々の特性を活かす教育に、大いに期待したい。

大貫中卒業式

大佐和中・校章

第41回となる千葉県民マラソンが、富津市総合社会体育館をスタート・フィニッシュで開催されました。今回は、北は北海道、南は福岡県まで4,000名以上のランナーがエントリー。

残念ながら、天候は寒い雨模様。しかし、来賓・ランナーとして挨拶に立った富津市観光大使の、えとう窓口さん(お笑いコンビWエンジンの突っ込み役)。元気一杯で、わかりやすい話し方。そしてこの雨さえ思い出にしましょうと前向きな捉え方で、爆笑を誘う内容。改めて、笑いのパワーを体験しました。

県民マラソン1

県民マラソン2

私の今回の個人質問は、3月6日(水)午後1時からです。3月議会は、3会派の代表質問と4名の個人質問があり、私は最後の質問者となります。

今回の質問テーマは、「富津市の風疹対策と君津地域の水道事業」。風疹対策については、生まれてくる赤ちゃんに出来る事は最大限尽くすという視点から、市の対策を伺います。君津地域の水道事業は、来月1日から新しい体制「かずさ水道広域連合企業団」が発足します。この統合・広域化になった水道事業の背景や、昨年改正された国の水道法の意義について聞きます。

写真は、市役所前の庭園に咲いた早咲きのさくら。厳しい寒さも峠を越え、これから春本番を迎えます。

市役所前の桜

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp