画家・M.C.エッシャーは、1898年6月17日にオランダのレーウヴァルデンに生まれ、1972年3月27日に死去。名前を聞いてどんな絵を描いた人かは分からなくても、絵を見れば直ぐわかる芸術家だ。

下の写真で、私とエッシャーのつながりを話したい。左の画集は1973年12月30日に東京・青山の嶋田洋書で2,420円で購入。23歳の暮れに買っているが、全く記憶がない。もう、45年前のこと。右上の図録は、1977年4月18日に千葉バルコで購入とある。右下の図録は今月10日、現在、上野の森美術館で開催中の展覧会で購入。

何十年振りに作品を見たが、改めて白黒の魅力を再認識した。白から黒までの諧調の美しさと、色の単純さからくる力強さ。現在のパソコンの技術でこのような絵を描くのは容易いかもしれないが、絵に表現されているアイデアは、そう簡単ではない。展覧会場は大混雑していたが、刺激的なひと時となった。

エッシャー

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp