この7・8日の2日間、公明党千葉県本部の研修会が木更津市内で開催された。久し振りの一泊研修で、議員間の親睦も深まった。

研修は3本。最初は、千葉県保健医療計画について県健康福祉政策課・担当者が講演。県民だより(5月号)に載っていたと、うっすら記憶していたが、こんなに意味のある事とは理解していなかった。2番目は、「“我が事・丸ごと”地域共生社会と地方自治体の役割」と題し、厚生労働省・室長補佐の講演。垣根を越えての連携の必要性を痛感。最後は、「これからの時代を見据えた家庭教育支援の在り方」について、ペアレンツキャップ代表の水野達朗さんの講演。講演者については、新聞記事等を通じて知ってはいたが、実際にお会いしイメージが変わった。温厚で非常に丁寧な方だった。直接会うことの重要性を再確認。

2日目の早朝、会場の周辺をウオーキング。何度も訪れている施設だが、見る角度が変わると印象もまったく変わってくる。スマホでカシャ!充実の2日間となった。

アカデミアホール-1

アカデミアホール-2

オークラホテルより

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp