きょうは、地元の大貫中学校の卒業式へ。今回の卒業生は、62名。私が卒業した1966年の卒業生は、246名。当時と比べ、約75%の減。

しかし、教育の根本姿勢は厳然でした。校長先生の式辞に感心。その内容は、卒業証書の内容を詳細に説明し、唯一のものであることを伝えた。その根底に、卒業生への愛情を感じ、教育の重要性を再確認。普段は優しい感じの校長先生に、この日は新たな発見をした。

久し振りに持参したカメラでパチリ。スマホで撮ることが増えたが、やはりカメラは、自分の手に馴染んでいる。

大貫中卒業式

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp