バックナンバー 2018年 3月

昨日は、地元の大貫小学校の卒業式。この式典で一番の楽しみが、卒業生の「将来の夢」と「好きな言葉」。卒業生の顔写真と、この夢と言葉がスクリーンに映し出される。映し出される前に、卒業生の顔や動作から勝手に「夢と言葉」を想像する。映し出されてからは、想像したイメージとの違いをつなげるために、また想像する。そして、10年後も想像する。桜梅桃李という言葉があるが、まさに十人十色。この想像の時間と、人間の可能性を感じる瞬間が楽しい。

下の写真は、今週、金谷にボランティア活動に行った際に撮った6点。左から順に。JR浜金谷駅近くに昨年オープンした蕎麦と珈琲のお店「サンガ」。店内の植物と影がおもしろく、パチリ。浜金谷駅から見た住宅の屋根と山と鋸山の重なりがたのしく、1枚。これも駅ちかくにあった興味深いイラスト。下段は、「石と芸術のまち金谷」にふさわしい、石とのコントラストが面白い、風景群。カメラを持って散歩するには最適なサイズが、金谷の街だと感じている。

大貫小卒業式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蕎麦屋

鋸山

イラスト

路地

石塀

風化の石

きょうは、予算審査特別委員会。午前中で終わったので、同僚議員と約束していた、富津市の竹岡マリーンヒルにあるカフェへ。この場所は東京湾が見渡せる絶景ポイント。カフェへの行き帰りには、それを実感できる。

このカフェの特徴は、コーヒーの味はもちろんのこと、映画関係の書籍が揃っていること。基本データは以下の通り。店名:海猫珈琲店。場所:富津市竹岡175-108。電話:0439-32-1772。営業時間:8時30分〜19時。定休日:毎週木曜日・1月1日。カーナビを利用するときは、地番「-108」は、「-18」と入力すると近いとのこと。朝8時30分からの営業は、この地域では画期的。

写真は、昨年12月に撮った外観。窓際にあった、一輪挿しと海猫の置物。そして店主の奥様が描いたアメリカ人映画監督のイラスト。

DSC_0033

DSC_0012

DSC_0019

きょうは、地元の大貫中学校の卒業式へ。今回の卒業生は、62名。私が卒業した1966年の卒業生は、246名。当時と比べ、約75%の減。

しかし、教育の根本姿勢は厳然でした。校長先生の式辞に感心。その内容は、卒業証書の内容を詳細に説明し、唯一のものであることを伝えた。その根底に、卒業生への愛情を感じ、教育の重要性を再確認。普段は優しい感じの校長先生に、この日は新たな発見をした。

久し振りに持参したカメラでパチリ。スマホで撮ることが増えたが、やはりカメラは、自分の手に馴染んでいる。

大貫中卒業式

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp