バックナンバー 2017年 8月

7月下旬から8月にかけて、都内でのセミナーを3回受講した。

①「空家等対策の計画と推進施策」と題し、上智大学法科大学院・北村喜宣教授と、滋賀県東近江市の総務課主幹、京都市の空き家対策課長、松戸市の住宅政策課長など現場の責任者からの声と課題提起。特に京都市の地域の特性に応じた施策に刺激を受ける。

②「地方自治と図書館」のテーマで、片山善博・元総務大臣、糸賀雅児・慶應義塾大学名誉教授、佐賀県伊万里市長、岡山県瀬戸内市民図書館長のパネルディスカッションでは、図書館運営を指定管理者にしない考えなどが印象に残る。

③「まちの課題を解決する図書館」をテーマにシヴィック・プライドとシティ・プロモーションについて、関東学院大学法学部の牧瀬稔准教授と大分県竹田市長から、それぞれの持論が展開された。竹田市長の「内に豊かに 外に名高く」の自立化戦略に感銘。

大都市・東京に行くと、思わぬ発見がある。 日本教育会館でのセミナーの際、昼食のためエレベーターにのると、地下の食堂街の広告が目にとまる。外に出るのも面倒なので地下1階の食堂街に。一番外れに「未来食堂」とある。面白い店名だと思い、入ってみる。カウンターだけの食堂で、中にいる女性はどこかで見たことがある。そのうち思い出した。テレビ東京の番組で見た顔だ。お吸い物の味が印象に残った。味以上に、この食堂の仕組みが面白い。HPで月ごとの売上げと粗利も公表している。その他、とにかく仕組みが面白い。一度HPをのぞいて見て下さい。写真は、食堂の入口の案内板。

未来食堂
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp