バックナンバー 2017年 1月

富津市として、2回目となる事業仕分けが28日(土)・29日(日)に開催され、終日傍聴した。私が知らなかった部分もあり、事業を理解する絶好の機会となった。一昨年の第1回目は、どうしても納期の迫った仕事があり傍聴できなかったが、後日YouTubeを見て、市の考えを知ることができた。今回も富津市のHPを見ていただければ、既に当日の模様がアップされている。興味があっても参加できなかった方はぜひ見ていただき、事業の内容を理解し、その上でご意見をいただければありがたい。

今回仕分けした事業の「施設カルテ」と「事業シート」も公表されている。これを熟読することによって、さらに立体的に事業を理解できる。仕分けの模様を傍聴していて感じたことは、質問に対する答弁で、噛み合っていない場面が所々あり残念だった。議会質問でも同様なことがあるので、私自身も注意しなければいけない点である。

DSC_0053

 

昨日、公明党富津支部の行政学習会「ふっつカレッジ」を富津公民館で開いた。今回は、公明新聞の拡張目標を達成したので、公明党機関紙委員会に連絡し、取材を依頼。都内から電車で、青年記者が来富。驚いたことに、JR青堀駅から約4km近くの夜道を徒歩で、開催会場まで来た。それもアルミ製の2段の脚立を担いで。徒歩で来た意味は、私なりに理解できるが、脚立を持参したことには本当に驚いた。先輩記者の教えであろうか、少しでも良いアングルから撮りたいとの熱意の表れなのか、いずれにしても驚いた。容貌は大学生のように見えるが、その姿勢からは熱きものを感じ、感動した。

写真は、前述したセミナーの時に、同席した長野県東御市議が撮ってくれたもの。相当、写真を撮っている方と判断。私は、ほとんど自身の写真は撮らない。私の撮った写真の中に自分がいると思っているから。今回の写真をいただき、時には自身を見つめることも必要だと感じた。あ〜、前期高齢者のおじいさんだ!

R0016495

富津市の議会広報紙も、ここ10年で大きく変わった。私が議員1期の時に、この大きな変化があり、その時、参考にしたのが広報コンサルタント・深沢徹(ふかさわ とおる)さんの本だった。講演も聴いた覚えがある。

次に参考にしたのが、議会広報研修講師の城市創(じょういち はじめ)さんだった。このお二人は、経歴の影響で、それぞれの見識も違っていて、非常に影響を受けた。

きょうは、東京・池袋で「議会活性化と広報公聴」がテーマの、セミナーに行った。講師は、吉村潔(よしむら きよし)さん。以前より専門誌で知ってはいたが、初めてご本人の研修をうける。これまた、前述のお二人と違う見識の持ち主。一般人の見方で、議会の在り方を語る。今まで以上に、柔軟に議会広報の在り方を提案する。写真は、いつも利用する高速バス停がある、東京駅八重洲口。あとの2枚は、セミナーの様子。時代は、変化の連続。また、言葉も変化し生きている。そんなことを感じさせるセミナーだった。

東京駅八重洲口

広報研修-1

広報研修-2

昨日、公明党千葉県本部主催の「新春の集い」が千葉市内で開催され、1,300名以上の参加者で盛会だった。富津市からもご来賓や賛同者にお集りいただき、感謝に堪えない。

今回初めて出席していただいた方から、来年は同業者を誘い参加しますとの、うれしい言葉もいただいた。この方は、初対面の方にも積極的に対話をし、繋がりを求め、深めていた。また少し目立つジャンパーを着ていたので、見知らぬ方からも声をかけられていた。待っているだけでは変化は起きない。攻める行動が必要だと、彼の姿が物語っていた。富津に帰ってからも、彼と夕食をとりながら、市や業界の課題や問題について話しが盛り上がった。

写真は、乾杯の音頭をとる県商工会議所連合会の石井会長。受付近くで富津からのご来賓・参加者を迎えていたので、やっと会場に入って撮れた1枚。私は背が低いので、これが精一杯のカメラの高さ。

DSC_0002

 

13日は、かずさ四市議会・議員研修会で木更津市へ。研修テーマは、「君津中央病院の経営方針について」で、説明者は君津中央病院企業団・高橋事務局長。君津中央病院については、市民からもさまざまな要望をいただいているが、まず全体像を理解することが第一歩。その上で、改善策を考え提案していく。その第一歩をじっくりと聞くことができた。

きのうの14日は、富津市新春賀詞交歓会が市役所1階の市民ロビーで開催された。400名近くの方がお見えになり、賑やかな交歓会となりました。私も限られた時間の中で、多くの方とお会いできたことは幸運でした。写真は左より、研修会、交歓会、市長の挨拶。

四市議員研修

賀詞交換会1

賀詞交換会2

国土交通省・観光庁が2011年11月4日に制定した「ランナーズインフォメーション研究所」をご存知でしょうか? 所長は元マラソン選手の高橋尚子さんで、歩いて楽しい、走って気持ちがいい、自転車で心地よいコースをそれぞれ認定し、観光に役立てようとするもの。富津公園は、RUNで全国で7番目に認定されいます。

今晩、NHKのニュースウオッチ9を見ていたら、富津岬荘で青学が合宿し、練習をしている模様が放映されていました。いつも見慣れている松林を疾走する大学生を見て嬉しくなりました。

写真は、元旦に撮った富津岬の景色。この富津公園内にランナーズインフォメーションの看板を設置するのが、私の当面の目標。

DSC_0039

きょうは、妻と二人で市内4カ所で街頭演説。午前中雨だったため、予定を減らし実施。内容は、「成人の日」に因み、幼児教育の無償化と給付型奨学金について公明党の実績を述べた。何カ所かで声をかけていただき、勇気をもらう。

日の入り前に、下洲海岸で夕景を撮る。久し振りに望遠レンズで、海岸で戯れる若人などを。

下洲海岸夕景

昨年11月末に、ガラケーからスマホに替えた。替えたと言うより、替えざるを得なかったと言う方が正しい。また、防水対応も、その一因。これで撮った写真を、今回初めてブログにアップする。

今朝は8時から、地元のJR大貫駅周辺のボランティア清掃。いつもは1時間程度の掃除だが、今日は出初式があるので自分だけお先に失礼し、出初式会場の富津市消防防災センターへ。消防団への活動には、感謝しかない。ここで培った絆が、地域の絆の礎になっていることを痛感する。この場を途中で失礼して、金谷美術館へ。いま展示中の作家が集まる内覧会のご案内をいただいていたので訪れる。絵の前で、その作者からナマの声を聞けることは、貴重な体験。もっと多くの作家の方から聴きたかったが、成人式があり、ここでも途中で失礼し、富津公民館へ。今年の成人対象者483名の式典。いつになく穏やかな成人式。

出初式と成人式が、スマホで撮ったもの。まだ操作に慣れていないせいか、無難な写真。これからスマホのカメラ機能に慣れて、特性を活かしてみたい。

出初式

金谷美術館

成人式

昨年4月の富津市議選後の6月下旬に、富津市議会のなかに2つの研究会が発足。「議会改革推進研究会」と「地方創生研究会」で、私は後者に所属。各会長・副会長を決め、地方創生研究会は8月上旬に初会合を開催。研究のテーマを協議し「公共交通システム」に決まり、1年間をかけて研究し、その結果を議長に提出することでスタート。

9月上旬には、市の担当者より市内路線バスの現状について説明を受ける。10月中旬に市内路線バスの調査方法の協議と路線バス乗車担当を決定。更に、福祉有償運送とウーバー(UBER)の仕組みについて学習。11月中旬には、全員で路線バス調査結果を発表。その後、近隣市のデマンドタクシーの視察を検討し、実施日の協議を。

写真は、12月21日に君津市のデマンドタクシー視察の際のもの。いよいよ、これから富津市の状況に合った公共交通システムを作り上げる段階に。富津市も来月の1日に「(仮称)富津市地域公共交通会議」を立ち上げるが、共に市民のための仕組みを考えていきたい。

君津市デマンドタクシー

きょうは好天のもと、市内5カ所で街頭演説を。いつもは妻と二人で行っているが、きょうは公明党千葉県本部の代表代行の藤井県議も一緒に街頭に。

言葉とは、こころの発露。その意味から、技術以上に思いが大切。街頭演説をするたびに痛感する。きょうは大先輩の藤井県議から、さまざまな点を学んだ。本当に有難い。

写真は、自宅前の今朝の朝焼け。6時過ぎに起床し、天窓を見たら赤く染まった雲が。急いでカメラを持って外に出ると、この景色が。自然の演出は、いつも感動的!

DSC_0001

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp