バックナンバー 2016年 5月

4月29日に行った富津市内での募金の合計金額は、18万5,337円でした。募金に協力をいただいた方に、心より感謝申し上げます。

千葉県内の総額は、1,251万8,679円。その内容は、5月18日付け千葉日報(9面)に掲載されました。

bokin

3日前の4月29日、市内5カ所で募金活動を行った。主催は「九州・熊本地震の被災者を支援する千葉県民の会(代表者:高崎照雄)」で、公明党千葉県本部が協力するかたち。市内のスーパー・コンビニのご理解とご協力をいただき実施。

各会場1時間の開催で、9時30分に始まり、4時30分に終わったが、様々なドラマがあり、有意義な活動となった。例えば、コンビニ前に駐車したバイクの青年は30分近くスマートフォンをやっており、我々の存在には無頓着に見えたが、その場を去る時に寄ってきて小銭を募金箱に。また、スーパーに高級車で乗り付けた高齢者。服装も見るからにリッチな感じ。1万円寄附するから領収証をと言われたが、あいにく準備していないと答えると、もっとしっかり取り組めと注文されるが、帰り際に千円を募金箱に。また、コンビニに駐車していた車からプロレスラーの蝶野正洋のようなイカツイ人が手招きを。恐る恐る行ってみると募金箱に千円を投入。人は外見で判断できない。また、他のコンビにでは、そこのオーナーが暑いだろうからと飲み物を持参の上、多額の募金まで。例を挙げると切りが無い。人の思いやりの温かさを実感する1日となった。

水道から水が出ることのありがたさ。電気が使えるありがたさ。部屋で足を伸ばして寝ることのありがたさ。これらの被災者の言葉を思い出しながら、自宅裏の何気ない朝の風景にシャッターを押した。

日常の風景

 

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp