今月の16日、君津市民文化ホールで「房総の郷土芸能2015」があった。富津市からは、「鶴岡の羯鼓舞(かっこまい)」「竹岡三柱神社の木遣り獅子舞」が出演。全ての郷土芸能を見たかったが、どうしても時間の都合がつかず、竹岡の獅子舞をなんとか見ることができた。笛と太鼓のリズムは心地よく、それぞれの地域で違いもあり興味が尽きない。

郷土芸能も少子高齢化で、継承が難しいようだ。最近のデジタル機材を駆使すれば、その映像・音は残すことはできるが、精神のようなものは継承できない。人から人でなければ伝えられないものがあるように感じる。僅かな時間だったが、たいへん有意義だった。

 

DSC_0016

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp