最近では、「打ち、留める。」と言ったほうが適切かもしれない。振り返って、文字を書かなくなった。カード使用の際の署名、申請書などの時、それ以外は、ほとんど携帯やパソコンで文字を打っている。漢字変換もやってくれるので、文字を書くときに字体を思い出せない。本当に変わってしまった。文章を書くときは、ある程度予測をして書き進めていくが、パソコンの場合は、修正が簡単にできるので、この予測する必要もあまり無い。

きょうも来週の議会質問のため、富津市経営改革会議などの会議録を読んでいる。同じく、10月に行われた富津市の事業仕分けのDVDも参考資料として見ている。終日これを続けていると、読むということ、見るということについてさまざま思うことがあり、そんな中、上記のようなことを感じた。

写真は、昨日の早朝、富津岬の展望塔から撮ったもの。2ヶ月前にも撮ったなと思い、久し振りに過去のブログの一覧を見る。最近は、更新が1ヶ月に1回程度。始めた頃は、けっこう更新し、いろいろ残している。初心を忘れずに、自分史を打ち留めていきたい。

DSC_0016

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp