バックナンバー 2015年 11月

最近では、「打ち、留める。」と言ったほうが適切かもしれない。振り返って、文字を書かなくなった。カード使用の際の署名、申請書などの時、それ以外は、ほとんど携帯やパソコンで文字を打っている。漢字変換もやってくれるので、文字を書くときに字体を思い出せない。本当に変わってしまった。文章を書くときは、ある程度予測をして書き進めていくが、パソコンの場合は、修正が簡単にできるので、この予測する必要もあまり無い。

きょうも来週の議会質問のため、富津市経営改革会議などの会議録を読んでいる。同じく、10月に行われた富津市の事業仕分けのDVDも参考資料として見ている。終日これを続けていると、読むということ、見るということについてさまざま思うことがあり、そんな中、上記のようなことを感じた。

写真は、昨日の早朝、富津岬の展望塔から撮ったもの。2ヶ月前にも撮ったなと思い、久し振りに過去のブログの一覧を見る。最近は、更新が1ヶ月に1回程度。始めた頃は、けっこう更新し、いろいろ残している。初心を忘れずに、自分史を打ち留めていきたい。

DSC_0016

昨日は、12月議会の初日。今回は、21議案で、条例の制定・改正、補正予算、コミセン・シニア館などの指定管理者についての内容で、その他に陳情が1件。

私の個人質問は、12月4日(金)午後1時から。タイトルは「5年後の富津市」で、質問内容は、①昨年と今年発表の中期収支見込みの相違点 ②富津市人口ビジョンの算出根拠 ③富津市版総合戦略の壷 です。

写真は、10年間続けられている富津市議会と館山市議会との交流の模様。毎年、交互にそれぞれの市内の施設を訪問し、情報交換をしている。今年は、館山市を訪問する年で、海上自衛隊館山航空基地や、“渚の駅”たてやまを視察させていただく。左から「館山湾の夕景」「“渚の駅”たてやま・2Fからの風景」「左の施設内の“海辺の広場”の地魚」。

夕景ー縦夕景魚

 

大変遅くなりましたが、富津市議会「初」の議会報告会の結果です。

10月20日、22日、23日の3日間行い、私は最終日の中央公民館の報告会に出席。ご婦人の方から、市が行っている「子ども子育て会議」と、市民委員会が行っている同名の会議の違いは、どこにあるのかの質問に即答できませんでした。この市が行っている会議には、私が所属する教育福祉常任委員会の委員長が参加していますが、同じ部門に所属している議員として、即答できなかったことは恥ずべきことです。猛省しました。

翌日から、数年前から理解しようと揃えていた財政の資料に着手しました。この報告会の出来事がなければ、いまだに手をつけていなかったかも知れません。私個人にとっては、大変意味のある議会報告会となりました。

写真は、初日の市民会館での模様。

DSC_0001

Twitter
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp