きょうで、3期目の当選をさせていただいて、ちょうど1年目になる。「速すぎる!」というのが、実感。自分の選挙の時、「お前は、4年に一度しか来ないな!」とよく言われた。そんなことが無いためにも、4月に入って市内を歩いている。この夏の参議院選挙の争点は、「憲法改正」と総理は言っていたが、最前線を歩いているとそんな実感は全く無い。むしろ、経済状況や雇用の問題がほとんどだ。そんな中、8日には下洲海岸で富士とサーフィンの風景に出会い、シャッターを押した。

今月は新学期。9日は大貫(おおぬき)小学校、10日は大貫中学校の入学式。中学校の式典の資料のなかに、「今後の学級数・生徒数」があり、6年後には生徒数は100人減り、3分の2になるとあった。中長期の展望の必要性を痛感した。そのために、今から何をするかである。

15日には、千葉市で公明党政経懇話会を開催。千葉県選出の国会議員・県会議員、そして森田知事をはじめ県内の市町村長のご出席をいただき盛大に開催。富津市からも佐久間市長や企業経営者の方々にもご出席いただき、感謝にたえない。夏に予定されている参議院選の予定候補者も挨拶にたち、気持ちも新たな会合となった。ご来賓の挨拶のなかで、公明党・山口代表の両親が富津市出身であることを紹介されていたが、富津市民として誇らしく感じた。

コメント投稿

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp