今から40年以上前、わたしは杉並区梅里にある「阿佐ヶ谷美術専門学校」に通っていました。年上の同級生にイラストレーター志望がいて、その人を通して、「ベン・シャーン」の存在を初めて知りました。神田の古本屋・一心堂で見つけたのが、「文字をめぐる愛とよろこび」(美術出版社・1964.3.5発行・¥4,900)。いくらで購入したのか記憶にありませんが、その同級生に譲ってくれと何度も言われたことは、ハッキリと憶えています。ちょうどこの頃は、画家になろうか迷っていた時期で、よけいにこの画家に興味をもったようです。その証拠に、手元に1970年5月〜7月、東京国立近代美術館で開催された「ベン・シャーン展」の図録があります。また、その会場で購入したと思われる「ある絵の伝記:佐藤明訳」(美術出版社・1966.6.30四版・¥820)もあります。この本には、最後のほうまで傍線が引かれており、熟読していた様子が見て取れます。

このベン・シャーンを思い出したきっかけは、好奇心の強い友人との対話。どのような経緯でベン・シャーンになったのか忘れてしまったが、わたしが素晴らしい画家だと紹介した。その友人は図書館にいって検索し、2冊の本を借りてきた。「芸術新潮(2012年1月号)」と、「ここが家だ(絵:ベン・シャーン、構成・文:アーサー・ビナード、集英社、¥1,680)」。この2冊から、最近、また脚光を浴びていることを知りました。

ベン・シャーン:20世紀のアメリカを代表する画家。1898年、リトアニアのコブノ生まれ。壁画・舞台装置・イラスト・ポスター・風刺画などで幅広く活躍。水爆実験の被害をうけた第五福竜丸の挿画も描く。1969年没。戦後日本の美術にも多大な影響を与えた。 機会がありましたら、ぜひ、ベン・シャーンの絵に触れてみてください。下の本が、古本屋で購入した「文字をめぐる愛とよろこび」。外箱、中箱、本体となっている。

コメント投稿

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp