バックナンバー 2012年 12月

先月のブログで話した通り、衆院選後の21日の夜、マザー牧場に行きました。当初、母を連れて行く予定でしたが、直前になり母は心配の気持ちが出てきてキャンセル。入場券も手配してあり、もったいないので、嫁にいった娘の家族をさそい鹿野山へ。

1歳2カ月を過ぎた孫も一緒に。体はちいさいが、最近は食欲が旺盛。バイキングで食べた炊き込みごはんが気に入ったようでよく食べる。その後も、アイスクリームを。大丈夫かと心配するほど良く食べる。

幸いこの夜は風もなく、光の彩をたのしみました。やはりこの時期はカップルが多く、寒さも関係ない様子でした。

16日投開票の衆院選が終わりました。ご支援をいただいた皆様に、心より感謝申し上げます。

今回、公明党は解散時より10議席増でしたが、比例区の得票総数は前回より減っております。富津市に関しては、前回より−76票、絶対得票率では8.71%で、−0.01ポイントの減になります。国政選挙はマスコミの影響が大きいと感じており、特に顔の見えづらい比例区については、なおさらです。この解消には、一対一の対話を重ねるしか方法がないと思っています。これから、これを地道に継続するしかありません。

富津市議会12月定例会が、19日に終りました。法律で地方分権が進められ、それに伴って自治体の条例も改正され、今回の議会で多くの議案が提出されました。これから益々、私たち議員の使命も重くなってくると同時に、理解を深めることが求められています。

写真は、11回目を迎えた議場コンサートです。今回の出演は、富津小学校6年生の47名の児童。東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」のピアノ伴奏で、児童がつくった「ともだち」を群読。2曲目は、琴の伴奏で「ふるさと」を合唱。わたしはいつも写真撮影で頭がいっぱいで、じっくりと味わうことが、なかなかできません。今回は、琴を入れるために高い脚立の上から撮りました。

一昨日の4日(火)は、衆議院選挙の公示日。友党・自民党の浜田靖一候補の出陣式に出席。ともどもの勝利を決意。

午後は、本番ポスターの証紙を配布したりとアッという間に一日が過ぎてしまった。

今回の選挙の争点は、一様ではない。ある人は、消費税。ある人は、原発。あるいは景気対策、社会保障と様々。対話を重ねていくうちに、今回の選挙は、国民一人ひとりの見識が問われていると感じている。マスコミの情報だけでなく、候補者・政党が今までどんな活動をしてきて、これからどの方向に進もうとしているのか想像してみる。面倒くさい作業だが、これをしないといけないと感じている。

政党が乱立している選挙戦のように、きょう一日の空模様も賑やかだった。午前中は曇空に雨もあり、午後4時頃には晴れ間もみえて凪の海に。夕方には紅く染まった空に雨がパラついたりと落ち着かない一日に。思いっきり動いて、安定した政治を取り戻したい。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp