バックナンバー 2012年 11月

この言葉、中学生の時だったでしょうか、定かではありませんが、勉強した記憶があります。世界恐慌でアメリカのルーズベルト大統領が行った経済対策。その対策のひとつ、フーバーダム建設だけは、なぜかハッキリと憶えています。どんなダムだろうと最近調べてみたら、とんでもなく大きなダムだと分かりました。日本最大の湖・琵琶湖の貯水量は300億トン。フーバーダムのそれは400億トンだそうです。

今月17日(土)に、地域の消火訓練がありました。わたしの住んでいる地域の区長さんは一生懸命な方で、その仕事ぶりにいつも感心している。今回の消火訓練も消火栓(地下式・地上式)を活用しての訓練。消火栓にホースをつなげ、ホースを延長接続し、合図をしてから消火栓を開く。先端のホースを持つ手にも力が入る。訓練中に消防署員に聞いた。「このホースの入っている格納BOXは、市内に何カ所ありますか?」「約500カ所くらい。でも古いホースもあるので交換したくても厳しい財政状況だから無理。」とのこと。

公明党の提案している「防災・減災ニューディール政策」こそ、現況のデフレ状況を改善し、防災・減災を進める最良の施策だと感じた。まさに、このような所に財政支援をすることによって、経済が活性化してくる。地域に合った対策を考え、そこに国が支援をしていく。これがこの施策のポイントである。実は、この消火訓練をした近くで数年前、火事があった。この消火栓を知っており、操作ができたならば消せたのにと、悔しく思った。

なんのことか分からないと思いますが、マザー牧場のイルミネーションの新企画のネーミングです。正式には、「キラキラウィンターファーム」で今月22日(水)〜来年2月24日(日)の間、但し来年1月6日(日)までは毎日開催。以降は土・日・祝日・2/14(木)に開催。

この点灯式に、同僚議員に誘われて行ってきました。マザー牧場は、今まで本社が東京にありましたが、今は富津市に移りました。これから法人税が富津市に入ってくることになります。市にとっては大変ありがたいことで、雇用の面でもお世話になっており2重の歓びです。

この話をしたら、84歳になる母が行きたいと言い出しました。12月16日の衆院選を大勝利し連れて行こうと考えています。まさに「マザー牧場」の命名の由来通りの、親孝行をしようと思っています。この点灯式には、2012ミス・インターナショナルの吉松育美さんも出席していました。

私が卒業した阿佐ヶ谷美術専門学校の同窓会が、今月10日に東京・浜松町で開催されました。4年ごとの開催で、ちょうどオリンピックの年とぶつかるので覚えやすい。

それにしても、歳をとった。普段、自分自身の写真はほとんど撮らないことから、自身の写っている写真は少ない。今回、同窓会の記録係が撮ってくれた写真がメールで送られてきて、あぜんとした。髪の薄さ、白髪のおおさ、体つきといい、老人である。時には客観的に自分自身を見つめることの必要性を感じた。

残念ながら今回の同窓会に、同級生は1人も出席していなかった。原因はわからないが、デザインの業種も景気に敏感に左右されるので、そのせいかと思った。そんな中、若いデザイナーでやる気のある同窓生に会えたことは、収穫だった。それに刺激され、創造的な仕事がしたいと強く感じた。最初の写真は、会場となったシーバンスホールと会場内の模様。

翌日の11日に開催された、第18回富津市産業まつり。1週間前から空模様が心配でしたが、なんとかもって本当によかった。今年の人出は、昨年を上回っているように感じました。

今月1日から4日まで、市内4会場で文化祭が開催されました。いつも新たな発見があり、楽しみな企画です。

3日(土)は、市民会館と中央公民館へ。市民会館では年配者が優雅に社交ダンスをする光景には感心しました。体を動かしながら健康を増進するダンスは、素晴らしい。また、良い素材をリサイクルする洋服の仕立てには、技術の高さと洗練された感覚に刺激されました。中央公民館では、西日に浮かぶ樹木の影に感動。思わずシャッターを切りました。身近なところに題材がころがっています。

4日(日)は、富津公民館と総合社会体育館へ。公民館に着くと、ちょうど中・高校生のブラスバンドが演奏中。高い位置から写真を撮りたいと思いまわりを見るとダンプカーが。所有者に荷台に乗って良いか聞くと、快諾。演奏者も観客の様子も撮ることができた。最近は、市の様々なイベントで大活躍の中・高生。音楽の効果と魅力を感じている。この写真を撮っている時、知人と再会。「最近、ブログを更新していませんね」と言われ、ドキ! その通りで、先月は1回しかアップしなかった。正直に率直に言ってくださる方は、ありがたい。帰り際、南の空を見上げると飛行機雲が。橋の先端部分をいれてパチリ。文化の日にふさわしい2日間になりました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp