バックナンバー 2012年 8月

明後日が個人質問の日で、その資料を調べていたら、防災行政無線で火事の放送。内容が聞き取れない。富津市安全安心メールに入ると思っていると、21時54分に、「佐貫 日月神社付近に建物火災が発生」と。近くに知人がいるので、直ぐに電話をすると、少し離れた国道近くとのこと。その近所にも知人がいるので電話をすると、爆発音がして燃えているとのこと。議会質問原稿もあるので一瞬迷ったが、家財道具の持ち出しの手伝いも必要かと思い火事現場へ。

着くと、消防署員・消防団員の尽力で鎮火の方向に。火元の方も驚いたと思いますが、延焼がなかったことが不幸中の幸いです。団員の皆様、本当にいつもご苦労様です!

昨日、9月定例議会が始まりました。通常ですと初日はもう少し遅い時期になるのですが、今年は9月30日に富津市長選挙の投票日の関係上、少し早めの開会となりました。

会期は来月19日までの24日間。今回は16議案。そのうち6議案が条例の制定や改正などで、4議案が補正予算関係、6議案が決算の認定についてです。補正予算では、台風で倒壊した大貫中学校自転車置き場の新築工事費(1,700万円)などを含む、総額約8,876万円の内容です。

私は、今月31日に個人質問をします。当日の1番手ですので、9時30分からです。お時間がありましたら、ぜひ傍聴においでください。質問のテーマは、「人口減少の防止策」「広報の在り方」の2点です。きょうも一日中、その資料作りに追われます。

先週の土曜日(25日)の朝は、感動的なドラマがありました。雲と光の競演で、その一瞬を撮ることができました。

最近、朝焼けのきれいな日が続いている。また、ここ数日、夏の富士も見えている。

きのうは、私用で館山に行った。少し約束の時間まで余裕があったので、富士山を撮りながら館山に下った。下の写真、左から右に、この日の早朝の大貫・岩瀬の風景。色の変化がきれいだ。次は、大貫の岩瀬海岸から。次は、佐貫・新舞子海岸から。次は、金谷からフェリーを入れてパチリ。最後の富士のシルエットは、吉野・絹あたりから撮ったもの。館山から帰宅し、その後、君津に向かう途中で出会った風景。車の中から撮った。

夕方のニュースで伝えていたが、台風15号の沖縄への影響が心配。気圧が910hPaと猛烈に強い勢力だ。富津でも、うねりの入った波が高くなっている。

久し振りに、私用で鴨川市に行ってきました。この日曜日の午後、真夏の日差しを浴びながら鴨川市内を歩き回りました。

左の写真は、長狭街道沿いの田園風景。すでに刈り取りが始まっており、黄金色と青空が印象的です。中の写真は、魚見塚展望台から見た太海の海岸線。内房とは海の透明度が違います。この展望台には、鴨川名誉市民で彫刻家・長谷川 昂(正しくは、この字体ではないのです、一番似ている字体です)の作品があり、近くの一戦場公園にもあり、右の写真がそれです。このあと市民ギャラリーで多くの長谷川作品を堪能してきました。この方の作品は、ストレートに作者の気持ちが伝わってきます。この分かりやすさに好感をもちます。市民ギャラリーで無料でいただいたA4・12頁の図録は、大変よくできていました。

真夏の空の下を半日歩き回りましたが、心地よい疲労がのこり、気持ちは満たされていました。途中で、鴨川にいくと必ず買って帰るおかきを求め、明るいうちに無事帰宅。

20歳頃、60過ぎの大人をみると年寄りだなと感じた。

その歳になって感じることは、確かに歳はとったが、ぜんぜん大人ではない。未熟の人間だ。

左の写真は、今朝の朝焼け。真ん中は、きのうの夕焼け。近所と自宅前で撮影。右は12日(日曜日)富津岬から富士を撮ったもの。手前右は第1海堡、その奥に東京湾を航行する大型貨物船、対岸は横須賀市。久し振りに夏の富士を撮った。

今週は、8年間そのままだった選挙の看板や資材の整理、そして7年前に亡くなった父の遺した物の廃棄などを大汗をかきながらやった。おかげで、カラダ中が筋肉痛でたまらない。

62年間は、長いようで短い。蔵言を思い出した。「人生とは、きょう一日のことである。」

この5日(日)、公明党の研修会が千葉市内で開催されました。午前中には、公明党山口代表も出席し、公明党議員のあるべき姿勢について、50年前の党の発足当時をふりかえり力説。

午後には、元衆議院議員で9期の長きにわたり活躍された、渡部一郎さんの記念講演。公明党の生き字引のような方で、歴史を通して「大衆とともに」に進む公明党の立党精神の重要性を強調。また、現在の消費税導入時に国の担当課長で、現在は大学院教授の講演を聴き、事業者と消費者の2つの視点からの消費税について理解を深めることができました。

翌日の朝5時ごろに、素晴らしい朝焼けをみました。刻々変化する光と雲は、本当に飽きません。

午前中、君津の印刷会社に用事があり向かう。途中、富津と君津の市境にある郡(こおり)ダム付近で、青空に浮かぶ白い雲が感動的に。直ぐに車を停め、カメラを向ける。

雲ひとつない真っ青な空もいいが、その青さを更に引き立てるのは、雲の存在。調理の際の、塩・胡椒にあたる。きょうも素晴らしい役目をしていた。

午後、議会事務局より電話があり、これから伺いたいと。用件は、過日の6月定例会会議録の校正。A4で93ページ。来週早々に欲しいとのこと。明日の午後と、日曜日は予定があるので、その間にやるしかない。文字校正は重要な仕事。気を抜くことができない。暑さに負けずにやりきろう!

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp