黄色になった古い額が、仕事場の壁に掛かっている。額のなかには、1995年2月10日付け新聞の社説のコピーが。見出しは「今日為す事を明日に延ばすな」。その社説には、こんな内容が記されている。『「今日という一日は、明日という日の二日分の値打ちを持っている」とはフランクリンの言葉。この通りであるなら、同じ仕事でも一日、遅らせれば二倍の手間がかかり、一日、早めに取り組めば、二分の一の労力で処理できる、ということになる。』と。頭ではわかっていても、なかなか実行できない。

ブログの更新が遅れてしまった。10日以上の出来事をまとめて報告します。

最初は、19日・千葉市で開催された国民健康保険団体連合会の研修。75歳以上の後期高齢者保険のように、国保も都道府県単位にしようと進んでいます。増え続ける医療費、また現在の制度の課題、今後の制度の骨子、方向性などの説明があり、未熟な私にとっては少し難しい内容でしたが、概観することができました。避けては通れない道だけに、学習とともに思索が求められています。

バイクに乗りました。それも電気バイクです。ここ数年、自転車もバイクも乗っていなかったことから、少々不安でしたが快適でした。エネルギー源を考えると、自動車同様、この分野の伸展が予想されます。

20日は、天神山コミニティセンターで10会場目の市長対話集会へ。この会場は初めての訪問。市内には、さまざまな公共施設がありますが、まずは認識することが大事であることを感じました。21日は最後の対話集会が峰上公民館でありましたが、残念ながら先約があり、きょうが最後の参加となりました。

21日の日曜日は少し忙しく、午前中は千葉市で津波についての学習、終ってすぐに富津公民館での社会福祉大会に。今回の講師は書家の金澤泰子さん。ダウン症の娘・翔子さんも登場し、「ピンチがチャンス」と感動の体験談を披露。最後まで聴くことができずに、金谷美術館に直行。二胡奏者のチェンミンさんのライブを聴く。久し振りのライブに感動しました!記念に一番古いCDを購入。また会場内に展示されていた富津市内の小学生の絵もよかった。他の会場に展示されていた海外の子どもの絵にも刺激を受けました。このあとは、世界一贅沢なBBQに。感覚・感情の起伏が激しい一日でした。

コメント投稿

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp