きょうで12月議会が閉会しました。今回の議会の目玉は、定住奨励条例。来年4月1日から平成27年1月1日までに、富津市内に定住を目的として住宅を取得した者に対し、定住奨励金を出すというもの。いろいろと細かい条件がありますので、今後の市の広報を参照してください。

本会議終了後、議員全員と市長をはじめ市の管理職の代表が出席し「全員協議会」というものが開かれ、3点について協議しました。①消防防災センター整備事業等の進捗状況について ②君津地域水道統合研究会の設置について ③庁舎及び大貫駅周辺地区都市再生整備計画(案)について。どれも重要な内容ですので、私もしっかり理解し、後日お伝えします。

ここで話は、2日前のことに変わります。北海道から花月クリニック院長・辻和之先生が来て、「花月クリニックの糖尿病治療の実際」と題しての講演を聴く機会がありました。受講者は、ほとんどが医師と看護師。門外漢のわたしには専門用語が飛び交い、全ては理解できませんでしたが、治療薬の使用方法の重要性を感じました。どんな分野も日進月歩で変化している。勉強を怠るとアッという間に遅れてしまう。そんなことも気づかせる機会となりました。この日は素晴らしい好天に恵まれ、北海道から見えた先生を富士が歓迎しているようでした。

コメント投稿

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp