過日、帰省する兄をJR君津駅に迎えに行ったときのこと。改札口に向かう途中、ポスターが目に留まった。見た瞬間、新幹線の写真かと思ったが、ちょっと雰囲気が違う。近づいてみると、写真ではない。描かれている家は、遠近法を無視した描き方で、自在に描かれている。左に目を移すと、枯れ枝もカンタンに描かれている。

具象の風景のギリギリの要素を残しつつ、あとは自由に描かれているポスターの絵。

感動したので、誰が描いたのかと思いネットで検索してみると、他のJRポスターのコメントが多くあったが、自分が見たポスターの情報は見つけることができなかった。他のポスターのコメントが気になったので、どんなポスターだろうとクリックしてみて、これまた驚き。素晴らしいイラスト。アイデアがいい。また、この写真からは読み取ることはできないが、多くのコメントにはボディーコピーが本当に素晴らしいと書かれていた。

コメント投稿

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp