国道127号を南下し、湊川を過ぎ、少しいくと左側にブルーの三角形をした看板があります。白い字で「天羽マリーンヒル」と書いてあると思います。ここを左折して急な坂を登った先に「ギャラリーSIGEL」があります。

今回の訪問は、2回目。最初は、「フォト×俳句」で知られている写真家・中谷吉隆(なかたに よしたか)さんの写真展だった。今回の展示は、宮下昌也さんの絵画展「旅の記憶」。宮下さんとは、お会いしてから10年以上は経っていると思う。鴨川市金束のご自宅にも数回お邪魔している。この絵画展の会期は、5月8日〜5月17日まで。但し、12・13日は休み。宮下昌也さんについては、「画家 宮下昌也」で検索し、4段目に「interview」とありますので、そのページを見ていただくとよく分かります。

富津市内に、このようなギャラリーが誕生したことに歓びを感じます。視察などで全国の市町村を訪問する機会がありますが、時間を見つけて文化的な施設を見るようにしています。芸術・文化に触れることは、日々の生活に奥行きと豊かさをもたらしてくれます。

宮下昌也さんの印象も記したいのですが、またの機会に温めておきます。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
富津市 藤川正美
3-design@mtc.biglobe.ne.jp