本日11月15日佐藤雄平知事に対して11月議会、並びに23年度予算に対する要望を行ないました。現政権の経済無策による歪みは日本全国に及び①地方に冷たい。②農家に冷たい。③中小企業に冷たい。いわば国民に冷たい補正予算となっており、この影響は本県そして各自治体に大きく影響を及ぼすものと思われます。

とりわけ雇用環境は最悪の状態であり、今回の予算要望においてもその大半はこれらに対するものとなりました。加えてこの冬に向けてのインフルエンザ対応、等目下の不安を取り除くことに主眼を置いたものとなりました。 又23年度要望については、10月2日開催の党大会にて打ち出された地域政策を取り込んだものとなり、より県民に身近なものとなりました。 追って内容はお伝えいたします。

知事室にて

予算要望を手渡す県議団

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
福島県 今井久敏
komeinoimai@yahoo.co.jp