バックナンバー 2010年 7月

北海道の東端納沙布岬にて北方領土問題を学ぶ(反時計回りに、風連湖、納沙布岬から望む)

福島空港から千歳、中標津とジェットを乗り継いで市議時代に2度訪れた根室市、北方館・望郷の家にて現況を調査ロシアの不法占拠にあらためて、戦争の爪あとを見る思いがしました。

当日は根室でも珍しいぐらいの快晴で歯舞群島も手に取るぐらいの近さがより深刻に物語っていました。又現在進められているビザなし交流も準備も含めて相当の期間を要しており改善の必要性があります。

翌日は道立北方四島交流センター、道議会、福島県北海道事務所、を訪問3日めは札幌医科大学にて医師の道内定着について学んできました。

7月8日・栗山副市長に要望する市議団と共に(左端が今井),咲田地内の急傾斜地崩落写真

平成22年7月6日~7日にかけての集中豪雨対策を現場調査に基づいて8項目の申し入れを行ないました。(8日、午後3時30分より)

7月6日当日は夕方6時頃より降り始め夜には68ミリを 記録するゲリラ豪雨となりました。市内は各地で床上、床下侵水があり市議団と共に各地の調査やお見舞い、さらには緊急対応に走りました。又上述のとうり8 項目の申し入れを行い一日も早い対策を申し入れました。尚7日も市内各地の被災地や救援要請に駆け巡りました。

悔いのない戦いを展開しよう!

菅政権、民主党10ヶ月の評価と今後の日本の進路を決める参議院選挙まで残り一週間、横山勝利の悔いなき戦い を深く決意し支持依頼に猛然と挑んでいます。それにしても、民主党のいい加減さが目に余るマニフェストそれを、何の反省もなく平然とご託を述べるに至って は開いた口がふさがらない。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
福島県 今井久敏
komeinoimai@yahoo.co.jp