menu

2月4日(火)、TKPガーデンシティ天神において標記審議会総会が開催されました。次期「福岡市保健福祉総合計画」(序論・総論)案について審議を行い、現「福岡市保健福祉総合計画」の進捗状況について報告を受けました。意見として、次期計画は2040年のあるべき姿として、「共生社会の実現」を最大のテーマとしております。その共生社会の対象者の標記がバラバラなので、例えば、年齢や性別、、国籍、障がいの有無などにかかわらず、すべての人が対象となる」ことをしっかり明記していただくよう申し上げました。また、進捗状況については、成果指標が目標値を目指すどころか、初期値を下回っている事項も見受けられ、エビデンス(科学的根拠)のはっきりしているものは、スピード感を持って取り組んで頂くよう意見を申し上げました。

コメントは受付けていません。