menu
menu
カテゴリー(実績(市全般))

平成30年6月18日の大阪北部地震におけるブロック塀倒壊による死亡事故を受けて、10月1日より、福岡市において、標記補助が標準単価9,000円/m→10,000円/m、補助の上限額が45,000円→150,000円に拡充されます。私は、平成30年第1回定例会(3月8日登壇)において、「災害に強いまちづくり」のテーマの中で、熊本地震の教訓を踏え福岡市耐改修促進計画の新年度の取り組みとあわせて、通学路等や指定路線のブロック塀等の調査を行い、危険なブロック塀等の改善を計画的かつ 着実に進めるよう提案させていただいておりました。その後、大阪北部地震が発生したわけですが、関係議員のご協力により、実現の運びとなりました。これにより、市民の生命を守るため、危険なブロック塀等の除却が進むことを切に願っております。

ブロック塀等除却費補助の拡充

昨今における夏季の気象状況や熱中症の疑いによる救急搬送の状況等を踏まえ、児童生徒の熱中症の発症を予防する観点から市立の学校に黒球式熱中症指数計が配付されました。熱中症対策の目安として、屋外(運動場)や屋内(体育館)で活用することができます。(平成29年第3回定例会【6月15日】の一般質問での提案の実現)

市営住宅のカスカディーナ便器については、昭和53年から昭和58年度に採用され、現在1,470基ほどが設置されています。設置されて年数が経過し使用中の不具合発生時の部品の供給ができない状況や市販の一般のものと比較し7倍以上もする専用温水便座しか取り付けられないことなどが、市民相談で意見として寄せられておりました。福岡市住宅供給公社に働きかけ、数年での更新計画を策定し、今年度より、設置年度の古い住宅より一般的な便器へ改修を行うことが決定しました。

平成29年7月から日常生活用具の給付種目が2種目(視覚障がい者用音声ICレコーダー・人工鼻)拡大されました。【平成28年決算特別委員会総会質疑(10月6日)での提案の実現】

日常生活用具の拡充

 

運転免許を返納し、地下鉄全線定期券「ちかパス65」を購入された方を対象に「運転免許返納割」サービスが平成29年5月3日(水・祝)からスタートしました。(平成26年第4回定例会(9月9日)の一般質問の提案の実現)

運転免許返納割

10月5日(水)~21日(金)まで平成27年度決算を審議する議会(決算特別委員会)が開催されました。私は公明党福岡市議団を代表し、10月6日(木)の朝一番(10時~)に登壇させていただきました。テーマは「日常生活用具の拡充について」、「子どもから高齢者まで地域住民がSNSに取組める施策の推進について」の2点です。いずれも市民相談で寄せられた声から選ばせていただいたテーマです。障がい児・者が日常生活を送るために欠かせない生活用具の拡充の訴えについては、翌日の西日本新聞の朝刊に大きく取り上げられました。これからも市民の皆様の大事な声をしっかり議会質問につなげてまいります。

人工内耳

1,000円で家族みんなが福岡市地下鉄全線乗り放題になるお得な「1日乗車券」が発売されました。家族でのお出かけやお買物などにぜひご利用ください。家族とは2親等内の親族で、大人は2人まで、小児・幼児は人数制限なしです。(平成27 年10月8日決算特別委員会 「多子世帯の支援策の拡充」の中で提案)

詳細は、http://subway.city.fukuoka.lg.jp/fare/card/fami.phpをご覧ください。

福岡市の公募により、西部にある「蓮花寺池」で7月20日に太陽光発電が開始されました。池の水面の内3,400平方メートルを利用して、合計1,200枚の太陽光パネルがフロートの上に搭載されました。全体の発電能力は300KW(キロワット)で、年間の発電量は30万KWh(キロワット時)が見込まれています。一般家庭の使用量(年間3,600KWh)に換算して83世帯分に相当するそうです。(2013.6.25:平成25年第3回定例会にて提案)

 

蓮華寺池

「私は足が悪いので、『高齢車乗車券』をもらってもバスや地下鉄が利用できないんです。タクシーも選べるようになったらいいのにね」とのご相談を受けて幾星霜、他都市の先進事例調査や議会質問、予算要望を再三重ね、全会派一致の議会請願も採択し、髙島市長の市長選の公約に盛り込んでいただき、ようやく「高齢者乗車券のタクシー利用拡大」を実現することができました。あのご相談者から「良く諦めずにがんばってくれました。ありがたいです。」との喜びの声をお聴きし、感慨ひとしおであります。

高齢者 タクシー

高齢者乗車券タクシー利用拡大

7月1日(水)、東区役所1階ロビーに標記売店がオープンしました。障がい者の理解促進や経済的自立のため、障がい者施設で作られた商品を常時提供するとともに、区役所利用者の利便性向上のため、切手・はがきなどが販売されていますので、どうぞご利用ください。(10時から16時まで)【2014年3月6日 平成26年第1回定例会での提案の実現】

DSC_6333

東区役所福祉売店