menu
menu
カテゴリー(実績(地域))

「全盲の方から点字ブロックが至る所で途切れバス停などに行けないので何とかしてほしい」との市民相談を受け、点字ブロックの広範囲にわたる補修を行いました。「これで安心して通行できます」との喜びの声が寄せられました。

点字ブロック

平成31年度から、生まれつきの難聴を発見し、早期療育につなげるため、すべての赤ちゃんを対象に「新生児聴覚検査事業」を実施することが決定しました。赤ちゃん1,000人のうち、およそ1~2人に生まれつきの難聴があると言われています。難聴があっても、早期に療育など必要な支援を受けることで、言葉やコミュニケーションの発達が促され、社会参加が容易になります。新生児検査費用を全額助成(政令市初)することが決定しました。また、日常生活用具の給付品目に人工内耳体外器が追加され、修理・交換費用の助成(上限30万円)が決定しました。平成28年8月、人工内耳を装着した重度・高度難聴のお子様を持つお母様からの市民相談がすべての始まりでした。「一人の声を大切に」公明党の議員として、そのミッション(使命)が果たせて大変うれしく思っております。(平成28年決算特別委員会総会質疑・平成30年第5回定例会での提案の実現)

「トラックがぶつかり壊れて撤去されたままになっていた街灯をつけてほしい」との市民相談をいただき、東区役所維持管理課に働きかけ、街灯の整備が完了しました。「これで安心して通行できます」と地域の皆様から喜びの声が寄せられました。

香椎参道街灯

「交差点の道路が盛り上がり転倒する方が後を絶たず何とかしてほしい」との市民相談を受け、東区役所維持管理課に働きかけ、道路の交差点の勾配を緩やかにするなどの道路の路面補修を行いました。「これで安心して通行できます」と地域の皆様から喜びの声が寄せられました。

大岳道路補修

「近くに歩道橋(和白歩道橋)がありますが高齢者等には利用しづらく道路横断中の事故が多く何とかしてほしい」との市民相談を受け、大塚県議と連携し東警察署に働きかけ横断歩道と押ボタン式信号機を設置しました。「これで安心して道路を横断できます」と地域の皆様から喜びの声が寄せられました。

和白丘押ボタン式信号 和白丘押ボタン式信号②

「歩道がなく、その上に電柱が立っており、しかもそれを避けようとするとかなりの段差があり、夜間に転倒する人が後を絶たず、何とかしてほしい」との市民相談を受け、東区役所維持管理課に働きかけ、段差の解消などの安全対策を行いました。「これで安心して通行できます」との地域の皆様から喜びの声が寄せられました。

DSC_0894

 

「歩道が狭く植樹帯の跡の段差につまづき転倒される方が多いので何とかしてほしい」との町内会長からのご要望を受け、東区役所維持管理課に働きかけ、植樹帯の跡のアスファルト舗装などを緊急に4箇所実施し、安全対策を講じました。「これで安心して通行できます」と地域の皆様から喜びの声が寄せられました。

DSC_0826 DSC_0838

「雁の巣レクリエーションセンターのアイランドシティ方面への出口付近に草が繁茂し見通しが悪くなっているので何とかしてほしい」との地域からのご要望を受け、福岡市住宅都市局みどり運営課に働きかけ、大掛かりな除草を行いました。「これで安心して通行できます」と地域の皆様から喜びの声が寄せられました。

雁の巣レク除草

「交差点の歩道などの路面の凹凸がひどく、自転車や歩行者など転倒する人が多いので何とかしてほしい」との市民相談を受け、東区役所維持管理課に働きかけ、路面の補修を行いました。「これで安心して通行できます」と地域の皆様から喜びの声が寄せられました。

和白交差点の道路補修

「大きな樹木が角にあり、見通しが悪く、出合い頭の交通事故の危険性が高いので何とかしてほしい」との市民相談を受け、東区地域整備課に働きかけ、カーブミラーを設置し、三差路の安全対策を講じました。「これで安心して通行できます」と地域の皆様から喜びの声が寄せられました。

塩浜2丁目カーブミラー