国交相に申し入れ

藤岡市申し入れ_1

 

 7月5日に新井藤岡市長に同行して、都市計画道路の整備促進を求める申し入れのため石井国土交通大臣に面会してきました。本日、その記事が公明新聞に掲載されました。これには仲介の労を取っていただいた岡本衆議院議員に加えて、窪田と内田議員も同席しました。

 

 整備中の都市計画道路である北部環状線は市の北部に位置し、完成すれば国道254号線から高崎市にかけて市街地の外周を東西に連結する全長7.8kmの道路です。この路線は市内を走る主要な路線を結ぶ形になることから、都市間交流の促進、広域的な連携強化の促進に役立ちます。

 

 藤岡市の主要道路の整備は、新井市長になってから大きく進みました。新井市長は4期目ですが、ここ最近の市長は2期程度での交代が続いていて、市政は長期的な展望を欠いていたと言わざるを得ません。ようやく都市基盤の整備が進んできたわけですが、すでに国の道路整備に関する補助の方針は変わってきていて、手をこまねいていれば十分な補助金が下りてくることはなくなっています。そこで今回の要望となったわけです。

 

 今後市政は転機を迎えていくこととなりますが、今後も長期的な視点に立った姿勢は続けていかなくてはなりません。

コメント投稿

ブログバックナンバー
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp