3月議会が開会

 本日、藤岡市議会平成29年第1回定例会(通称3月議会)が開会しました。会期は3月17日までの17日間です。来年度予算を審議する重要な議会です。しっかり取り組んでまいります。

 今回も一般質問に立たせていただきます。今回の内容は・・・

1.国民健康保険について

(1)国民健康保険制度改革について

(2)県と市町村の役割について

(3)財政上の措置について

(4)被保険者の負担軽減について

2.市民の健康づくりについて

(1)データヘルス計画について

(2)生活習慣病の重症化予防について

(3)健康マイレージ事業について

(4)歯周病検診について

 再来年度の平成30年4月より、国民健康保険が市町村から都道府県に移管されます。もちろん県には市民の皆さんの窓口になる役所がありませんから、これまで通り市役所が窓口になるのですが、医療機関への支払いなどの財政面は県が担うことになります。そうなるとこれまで市がお金を自分でやり繰りしていたのが、県から「藤岡市はこれだけのお金を集めて県に払いなさい」ということになります。その金額は、最終的には藤岡市でどれだけの医療費が使われているかということが基準になるようです。医療費がかかる市町村は、県から高額の納入を求められるというわけです。つまり市民の皆さんが健康で医者にかからなければ県に払う金額が抑えられて、市が皆さんから集める国民健康保険税が抑えられ、市の財政負担も軽くなるということになります。

 そこで大事になるのが、市民の健康づくりです。もちろんお金のことがなくても健康は財産ですから、市民が自ら健康づくりに取り組むことを応援する施策と、環境づくりを提案していきたいと考えています。

 明日もう一日、本会議での議案審査があり明後日は常任委員会、一般質問は来週の3月8日・9日です。私の質問は5番目となりましたので、登壇は8日の午後2時前後くらいになると思われます。今回も少しでも結果を出せるよう、しっかりと準備してまいります。

コメント投稿

ブログバックナンバー
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp