Archive for 2014年 11月

12月議会が開会

 平成26年第5回定例会(12月議会)が開会になりました。会期は今日から12月11日までの15日間です。衆院選の準備と重なって多忙ですが、どちらも全力で取り組んでまいります。

 

 今回も引き続き一般質問に取り組ませていただきます。今回の質問通告は以下のとおりです。

 

1.高山社跡について

(1)高山社跡の整備について

(2)周辺地域の環境整備について

(3)地域の歴史の発信について

2.AEDについて

(1)AEDの管理について

(2)救命救急講習について

(3)設置場所の周知について

(4)民間との協定について(コンビニへのAED設置)

 

 一般質問は12月8日から行われますが、私は2番目に決まりましたので登壇は8日の午前11時前頃かと思われます。しっかり準備して臨んでまいります。

 

 

 

市内で全日本珠算競技大会

 

市内で「関孝和先生顕彰第65回全日本珠算競技大会」が開催され、開会式に出席してきました。これは「和算」という日本独自の高等数学を大成した数学者である、関 孝和を顕彰するそろばん競技大会です。関孝和はニュートン、ライプニッツと並んで、世界3大数学者と言われていて、一説に藤岡生まれとされています。群馬県民が誇る郷土かるた「上毛かるた」にも、「和算の大家 関孝和」という札があり、県民には広く知られています。その関孝和を顕彰するこの大会は、藤岡市で開催される唯一の「全国大会」なのです。

 全国大会の名に恥じず、北は青森県から南は沖縄まで全国から300名を超える精鋭が参加してくれました。そのレベルは非常に高く、開会式の前に座席で練習している小学生の小さな女の子が両手を使ってものすごいスピードで算盤をはじいているのを見て、非常に驚かされました。

 この大会を戦後間もないころから開催し、支えてくださった皆様に感謝し、選手全員がいかんなく実力を発揮して、藤岡にいい思い出を作ってくれるようにと願います。

市政施行60周年

 

 市政施行60周年記念式典が開催され、出席してきました。藤岡市は昭和29年、いわゆる昭和の大合併で誕生しました。以来60年、この地で市民の皆さんに支えられて発展してきました。式典では藤岡市の発展に尽くしてきた皆さんが、市民の代表として表彰されました。ご尽力に心より感謝申し上げます。これからの行政は、市役所だけですべてができるわけではありません。増え続ける行政需要に対して、少子高齢化の時代にあって、財源は限られているからです。市民の皆さんとの「協働」が、これまで以上に必要となってきます。これからの地域づくりは、もちろん道路整備などの生活環境整備も必要ですが、それ以上に地域の「ひとづくり」、つまり協働を支えてくださる市民の皆さんを発掘し、いかに支えていけるかが大切になってくると思います。そのために私も市政に携わる者のひとりとして、懸命に政策を考えて提案していきたいと決意しています。

 

 また、これからの時代は都市間競争の時代とも言われています。それぞれの自治体が工夫を凝らして独自の政策を実行していかなければ、まちを発展させることはできません。魅力のあるまちづくりに取り組み、住んでみたいまちにしていかなければ住民はどんどん減っていきます。先ごろ消滅の可能性のあるまちが発表されて衝撃を与えましたが、まちの運命はそのまちの政治に左右されるのです。その意味で藤岡市に住んでくださっている市民の皆さんに感謝し、これからも全力で働いてまいります。

ブログバックナンバー
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp