Archive for 2014年 4月

伊勢崎市議選で公明3候補大勝利

藤岡市長選は新井氏が4選

 

 27日投開票の伊勢崎市議会議員選挙で、公明党公認3候補が全員当選を果たすことができました。懸命にご支援いただいた党員・支持者の皆様、創価学会の皆様に心より御礼申し上げます。今回の市議選は定数2減の30人の枠に対し、有力35人が立候補しました。前回大量得票しているベテラン議員が複数引退したことで、当選のボーダーラインが大きく上昇することが予想されるという激戦でした。誰が落選してもおかしくないという混戦の中、地元の皆様の激闘をはじめ県内全域からの応援を頂き、公明3候補はおかげさまで上位当選をさせていただくことができました。大変ありがとうございました。私自身も来年を見据え、今まで以上にしっかりと頑張ってまいります。

 

 藤岡市では同日に市長選挙が行われ、現職の新井利明さんが若い新人候補を抑えて4期目の当選を果たしました。今回公明党は新井さんを支持し、選挙に臨ませていただきました。市長にはこれまでの経験を基に、藤岡市の抱える課題に新たな気持ちで取り組んでいただきたいと思います。私も議会の一員として市民一人ひとりの声を大切にして、公明党のネットワークを活かして全力で頑張ってまいります。

 

特別支援学校が開校

 藤岡市内に開校した、県立みやま養護学校藤岡分校の開校式・平成26年度入学式に出席させていただきました。これまで多野藤岡地域には特別支援学校が無く、待望久しい学校のスタートです。

 

 今まで保護者の皆さんは市外の養護学校まで、子どもの送迎に追われてきました。知的障がいのみのお子さんは、みやま養護学校のスクールバスの藤岡巡回を実現させていましたが、肢体不自由の場合は片道1時間半をかけて二葉養護学校まで、自分で送迎する必要があったのです。

 そのため保護者の皆さんは、藤岡地域への特別支援学校の設置を求めて署名運動を展開し、何と1万8千人もの署名を集めて藤岡市に支援を要請されたのです。市長は保護者とともに県知事に学校設置を要請、3年を経て今日それが実現したのです。

 

 この学校の設置者は群馬県であり藤岡市も用地を提供しましたが、その意味で真の創立者は、保護者の皆さんを中心に署名運動に協力した市民の皆さんと言えるかもしれません。誤解を恐れず言えば「お父さんお母さん立」の学校です。新入学、転入・転籍してこの学校で学ぶことになった17名の子どもたちを、これからも地域でしっかり応援していきたいと思います。

市ホームページに音声読み上げ機能

 藤岡市ホームページに、この4月から音声読み上げ機能が付きました。ホームページに「リードスピーカースピーチパネル」というソフトウェアが組み込まれ、これを使うとホームページの内容を音声で読み上げてくれますので、目の不自由な方でもホームページの内容を知ることができます。実際に聞いてみましたが、思ったよりスムーズな読み上げができていて、ナチュラルな感じの聞きやすいものになっていました。

 

 このようなウェブアクセシビリティ支援ツールは何種類かあり、すでに多くの自治体公式ホームページに導入されています。藤岡市でも市の情報発信の上で年々ホームページの重要性は増していて、高齢者や障がいをお持ちの方のために、私は平成24年9月議会の一般質問で、ウェブアクセシビリティ支援ツールの導入を訴えさせていただきました。

 

 今回の音声読み上げ機能の追加で、一歩前進の成果を出すことができました。これからもさらに機能の向上を目指してまいります。

ブログバックナンバー
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp