12月議会が開会

 平成24年第6回定例会(12月議会)が本日開会しました。会期は12月13日までの15日間です。年に4回の定例議会は、地方議員にとって最も大切な「戦いの場」です。特に私たち公明議員は毎回一般質問に取り組む人が多いため、とりわけその思いが強いと思います。しかも今回は衆議院議員選挙と日程が重なってしまいました。大変ですが、どちらも手を抜けない戦いです。時間をやりくりして、力の限り取り組んでまいります。

 なお今日の本会議で、9月議会で質問した防災会議条例の改正案が可決しました。これで女性委員を増員する道が開けました。取り組んで下さった多くの皆さんに感謝します。

 

 今回も連続23回目の一般質問に取り組ませていただきます。今回の通告は以下の通りです。

1.子育て支援について

(1)子ども・子育て関連3法について

(2)子ども・子育て支援事業計画について

(3)夜間保育について

(4)病児保育について

2.自殺予防対策について

(1)藤岡市の現状について

(2)自殺予防対策事業について

 

 1は社会保障と税の一体改革で成立した子ども・子育て支援関連3法への藤岡市の対応を、まず質問していきます。「地方版子ども・子育て会議」を保護者代表も入れてつくり、しっかりニーズ調査を行ったうえで子育て支援計画を作ること。保護者の相談にしっかり対応できる体制を整備すること、さらに藤岡市でまだやっていない夜間保育と病児保育の実施を提案していきます。

 2では、3年前の平成21年12月議会での一般質問の成果として、自殺対策窓口が福祉課に設置されました。しかしまだ本格的な事業を行っていないため、しっかりと事業計画を立て、市役所の課の縦割りを越えて、更には多くの国・県・民間の機関とネットワークを作って自殺予防対策事業に取り組むよう求めていきます。

 

 一般質問は12月10日に行われますが、私の登壇は2番目と決まりましたので、午前10時半から11時の間くらいのスタートになると思われます。しっかり頑張ります。

コメント投稿

ブログバックナンバー
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp