Archive for 2012年 2月

定例議会が開会

 平成24年第1回定例会(3月定例議会)が本日開会となり、議案審議が始まりました。会期は3月14日までの16日間です。今議会は24年度予算を審査・議決する重要な議会であり、予算特別委員会も2日間にわたって開催される予定です。審議することがとても多く、毎日勉強して議会に臨んでいます。市民の代表の一人として、しっかり取り組んでまいります。

 

  今回の一般質問は、学校の防災について質問・提案を行います。間もなく発生から1年を迎える東日本大震災では、平日の日中に起こったこともあり、多くの子どもたちが犠牲となってしまいました。藤岡市の学校は子どもたちの命を守ることができるのか、そして避難所となった学校で地域の住民を守れるのかを、10項目にわたって聞いていく予定です。今回の質問通告は以下の通りです。

 

学校の防災について

(1)   防災教育について

(2)   避難マニュアルについて

(3)   児童生徒の保護者への引き渡しルールについて

(4)   学校施設の安全性について

(5)   防災備蓄について

(6)   太陽光発電について

(7)   小型可搬式発電機の配備について

(8)   生活用水の確保について

(9)   情報通信手段の確保について

(10)  防災担当部局との連携について

 

 私の質問順位は1番と決まりましたので、登壇は3月9日(金)の午前10時のスタートとなります。万全の準備で臨んでまいります。

24年度予算案内示

2月13日

 議員説明会が行われ、来年度予算案の概要について内示がありました。一般会計については245億円で前年比5.9パーセント減、国民健康保険特別会計など10特別会計2事業会計も含めると、総計429億3446万円で前年比3パーセントの減となっています。

 数字上は減額予算ですが、今年度予算にはガス企業団を民間に売却した代金と、国の補正予算で学校の耐震改修が前倒しで計上された分などが含まれているため、それらを除くと1.5パーセント増となり、前年並みの予算が確保されました。とはいっても「・・・を除くと」というフレーズは例年使われており、このデフレ時代に大幅減や大幅増でなければ、総額の比較にはあまり意味がないようにも感じます。

 問題は内容ですが、新規事業で主なものは清掃センター焼却灰再資源化処理で7259万円、保育園・幼稚園第3子以降保育料無料化に5509万円、小中学校気化式涼風装置購入に2097万円などです。気化式涼風装置とは、水が蒸発するときに気化熱を奪うことを利用して、温度を下げた風をおくる装置です。昔、エアコンが普及する前に家庭用の「冷風扇」というのがありましたが、その大型機を学校の体育館に設置します。これは公明党が求めた学校の暑さ対策として導入するもので、来年度予算案にはその他いくつか公明党の提案した事業も盛り込まれています。詳細については今月21日に召集告示され28日に開会する定例議会に上程され、審議することになります。3月議会でも引き続き一般質問にも立つ予定で準備しています。しっかり取り組んでまいります。

市内で街頭演説

 

2月8日

 天候が回復して北風が吹く中で、藤岡市内で街頭演説を行いました。風は冷たかったですが、市内6か所で熱く党の政策を訴えることができました。

 今月末には定例議会が始まる予定で忙しくなってきましたが、時間を作って街頭演説と訪問対話に取り組んでまいります。

(写真は我が総支部の遊説カーです)

ブログバックナンバー
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp